空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~013~

(キィィン…)

「ぇ?…切れない!?」

 クナイを繋ぐ鋼線は、リザードの首をすっぱりと切り落とすほど鋭利なものである。
だが、それは少女の華奢そうな左手首に深々とめり込んではいるが、それを切り落とすには至っていないのだ。

『きゃぁっ!?』

 バランスを崩した二人は、集落の中を流れる小川に落ちてしまった。

(ドッボーン!)

「っぷはっ!…あなたは一体…?」

「〔コンピュータが真水にさらされている可能性があります〕がはっ…がふっ…」

 ネイがSM少女の方を見ると、額に赤い盾の様な模様が浮き出ており、ネイの攻撃を受けた左手首からは時折火花が起きていた。

(パチッ…ジジ…パチッ…)

「…もしかして、あなた…」

「ほ~ほっほjふぁsdっほkjふぁsdkjfヵ;gdl…」

 慌てた様子で水から上がるSM少女…彼女が発する言葉は、既に言葉ではなくなっている。

「サイボーグ…アンドロイド…いずれにせよ、人間ではないのね?…なら…ジン!手伝ってちょうだい」

 ネイに呼ばれたジンは、いまだしゃがみ込んで地面に【の】の字を書き続けていた。

いつまでいじけとんじゃい!…ほれ、おネイ様のご指名や。行って男を見せてこんかぁい!!」

(がすっ!)

 パタパタと飛んできたベルに頭を足蹴にされ、ようやく我に帰るジン。

「はっ!?…ようやっと俺が活躍できるのか?よし…ネイ、手伝うぜっ!」

 すっくと立ち上がると、背に背負った大きな剣を抜きSM少女へと突進するジン…先程までの反動なのか、必要以上にテンションが高い。

「〔データ検索中…25…68…100%該当者《ジン・ジュニパー》…怨恨指数99.97%〕排joしまkgrはkd…」

 ジンを視界に捉えたSM少女は、何故か突然怒りの表情で彼に向って突進を始めた。

「っよっしゃぁ~~~!瞬間最大視聴率は、俺が頂きぃ~~!」

「ジン、ダメ!瞬間最大云々の意味は分からないけど…剣は効かないだろうから、魔法で!!

 ネイが叫ぶが、一歩遅く…ジンはSM少女へ向かって剣を振り下ろす。

(ッキィィ~~~ン)

 両腕を頭上でクロスして大剣を受けるSM少女…ほんの少し血しぶきの様なものが上がりジンの顔にかかった。

「ん?…血じゃない…これは、機械油??」

 ほんの刹那の油断を、SM少女は見逃さない。

(ドムッ!)

「…っがはっ!?」

 ジンの鳩尾に見事な前蹴りが決まり、後方へ吹き飛ばされる。

「ほ~っほdslkdlj…ここde会っtrjpg(^_-)v100year。覚go^死ナpsy!」

 言葉にならない言葉を発しながら、SM少女は吹き飛んだジン目がけて素早く駆け寄ると、馬なりになり拳の連打を浴びせ始める。

「ぐぅっ!?…がっ!…がふぅっ!?…なんて重い拳…」

ルシータ!?…何をしている!もう止めろっ!!」

 突然半壊した民家の脇から叫ぶ声が聞こえる…ベル達はその声の主を確認して声を上げた。

「そのチリチリ頭は、ま…増田教授ぅ!?

 そこにいたのは、以前の事件で2度ほど顔を会わせた事のある《増田雅広》であった。
 恐らく彼は今まで気絶していたのであろう…黒縁の眼鏡はグラス部分が見事に割れ、体中痣や傷だらけでようやく立っているといった状態だった。

「なんでお前がここにおるんや!?…美沙はどこやっ!!」

 ぶるんと羽を唸らせ、増田に飛び付いたベルが彼の襟首を掴み上げ、怒号を浴びせる。

「なっ!?…お前はあの時のスパイ!?いや、それよりもまずはルシータを止めなければ…彼女は熱暴走を起こしているんだ…これ以上CPUに熱を持ったら、彼女が壊れてしまう」

 そう言い終えるや否や、増田はベルを振り払い、彼がルシータと呼んだSM少女へ向かい駆け出す。

「痛ってえ…ってば!…いい加減にしろ…炎掌(パーム・ボム)!」

(ズバンッ!)

 ジンが手のひらに生んだ光の球がルシータに触れた瞬間、大きな爆発が起こり彼女が吹き飛ぶ。

「そして、行っけぇぇ…最大級の火玉(ファイア・ボール)!」

(ヴォムッ!)

 ルシータに球状の炎がぶつかり、破裂した。

「〔WARNING!!WARNING!!〕ぎゃjlksiあhdlsあぁfj…」

「火はだめだ!火は止めてくれぇ~~~!」

 ルシータに駆け寄った増田は、叫びながら火だるまになった彼女を抱きしめ、川へと飛び込む。

「ルシィィタァァ~~~!!」

←「水もダメじゃん!」と増田教授に突っ込みを入れたい方は…
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~014~ | HOME | はみぱんTwo ~012~>>

この記事のコメント

お久しぶりですっ!

何だかネイ、大活躍じゃないですかっ!
ジンが何だか可哀想なことになっていますが、ジンですもんね!!

メアリーとベルのコントは相変わらず面白いです!
ベルちゃんが加齢だなんて……き……聞いてない!私は聞いてない!!
増田教授も登場ということで、続きも楽しみにしています!
2009-09-20 Sun 12:55 | URL | 筱 [ 編集]
筱さん、((( *~∇~)爻(~∇~* ))) オヒサですっ!
読んで頂けていたのですねっ!?(●⌒∇⌒●) わーい

ジン…筱さんの所で生まれていれば、こんなコトにはならなかったろうに…不憫でなりません(´;ェ;`)ウゥ・・・

増田教授も新キャラ引き連れて再登場です♪
今回は新キャラが多すぎて、制御できるかどうか…(;^_^A アセアセ
2009-09-20 Sun 20:26 | URL | rum_bulion [ 編集]
増田教授、久しぶりに出てきたと思ったら、なんか変な方向に愛が向いちゃってるような・・・・(汗)。

ま、いいかw(←いいのかな?)
2009-09-23 Wed 01:33 | URL | 7C林檎 [ 編集]
先程はGJでした^^

さて…増田教授ですね…心にぽっかり空いた隙間を…きっと何かしらで埋めたかったのでしょうか…^^;
ってか、短いコメでも鋭い指摘…気を抜けないです(;^_^A アセアセ
2009-09-23 Wed 01:43 | URL | rum_bulion [ 編集]
SM少女の声優さんをなんとかして思い出そうとここまで読み進めましたが…

その前にSM少女(ルシータ)が壊れてしまったっ!!?

声は出てくるんですけど、声優さんの名前とかキャラ名はまったく思い出せませんでした…たぶん、ひとりじゃなくて複数人の声のイメージがまざっているのかも…?
高橋あみかさんの声が近いような気もしますが…いやあれは単に最近遊んだゲームで「ほーっほっほっほ」て高笑いするキャラを演じていたからその印象だろう、と(爆)
2009-10-07 Wed 19:56 | URL | 卯月 朔 [ 編集]
ルシータ…フリーズ寸前です^^;

声優さん…分かりませんでしたかぁ(;^_^A
…お手数をおかけして申し訳ありませんでした><

昔は「このキャラは○○さんで…」みたいな事を考えた事もありますが、どうしても、声優さんというかその方があてているキャラへシフトして行ってしまうので、今は全くしていません^^;

けど、読んで頂けている方が「ベルは○○さんのイメージで読んでます」みたいな事があると、ちょっと嬉しいなと思って聞いてみました(*/∇\*)キャ

コメント、めっさ嬉しかったです♪これからも宜しくお願いします<(_ _)>
2009-10-07 Wed 20:43 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。