空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~009~

「はぁ~~~ぅあ!ヒマやなぁ…早よラム達帰ってけぇへんかな~。もうレストランの予約、取ってもうたんやで?」

 ベルが欠伸をしながら、テーブルの上に置いてある【子供用の人形遊び】に使うようなサイズのソファーで大きく伸びをする。

「そうですねぇ…じゃ、暇つぶしに【かくれんぼ】でもしますか?…うふ♪」

「アホかぃっ!【くノ一】や【幽霊】相手にかくれんぼなんかさせられた日にゃ、死ぬまで【オニ】人生を全うするコトになってまうやろぉっ!!

 ベルがメアリーを怒鳴りつける。

「えぇ~、時間をつぶすには良い案だと思ったんですけど…」

つぶし過ぎやっ!ウチは【かくれんぼ】に一生を捧げる気は毛頭ないわぁ!!」

 ジンの横に座り、ベルとメアリーのやりとりを見ながらクスクスと笑っていたネイが、突然何かの気配に気付く。

「あぁ…あなた達ね。出てきて良いわよ」

 ネイ以外、誰一人としてその気配に気付く者はいなかった為、一同は突然のネイのセリフに意味が分からず、ぽかんと口をあけてネイを見つめる。

(シュタッ)

 事務所の中へ突如現れた忍装束の女性が二人。
 二人はネイへ向かい頭を下げ、片膝を付き微動だにしない。

「《カレン》に《ソノラ》、久しぶりね…今日は人数が少ないんじゃない?《エル》や《ウララ》達はどうしたの?」

「はい、《ウララ》は《ジェム》と一緒に戦闘中です。《エル》はリドル城に応援を依頼に…」

 ジン達は突然始まった【忍者映画】のようなやりとりに茫然としている。

「何か、事は急ぐようね…要旨だけをかいつまんで話してくれるかしら?」

「申し訳ありません、ネイ様。実は【異空間ゲート】から北へ向かった小さな町で、ディジェネの少女らしき者が暴れているのを見つけまして…別の任務から戻る途中だった私達で食い止めようとしたのですが、思いの外手強い為…応援をと思い《エル》をリドル城に向かわせたのです。
しかし、リドル城までは距離があるため…ゲートに近いこちらにいらっしゃいますネイ様にお力をお貸し頂ければ…と」

 ようやくその場の雰囲気に慣れてきたのか、ベルがパタパタと飛んできてネイの肩にとまった。

「ちょ、ちょお…待ちぃ。ネイ、お前抜け忍ちゃうんかったんか?…なんでリドルのくノ一とまだ繋がっとるんや?」

「そうねぇ…説明はまた今度でも良いかしら?…聞いての通り、面倒な事が起きてるみたいなのよね」

 腕を組み左手を軽く顎に添え、何かを考えながらネイが言う。

「わ…私達はいつまでもネイ様の部下です!…【あの時】もネイ様とご一緒させて頂いており事情も把握しております。
ネイ様が【破門】になる理由などないんです」

【破門】やて?…ウチんトコへ来た時には、シェリー連れて『忍びを抜けて来たので暫くかくまって欲しい』言うてたやないか…その割に最近はまたリドル王んトコへ出入りしとるようやし…一体どういうこっちゃ」

 《ソノラ》と呼ばれたくノ一のセリフにベルが反応し、ネイへ詰め寄る。

「え~と…正確にはどちらも正しくはないのよね…それよりベル、ここでその【ディジェネの少女】を取り押さえる事が出来たら、また昔みたいに【報奨金】が貰えるんじゃないかしら?」

(カタカタカタ…チーン♪)

突然ベルの瞳が【¥マーク】に変わる。

「そ…そか!せ、せやな!…よしゃっ、ジン!行くで!!」

「あ…あぁ…ぉぅ」

 元々いまいち話に乗れなかったのとベルのあまりの変わり身の早さに、ジンはとりあえず応えるので精いっぱいだった。

「いけません!ディジェネの者とはいえ私達くノ一ですら苦戦するような相手を、素人のあなた達でどうにかしようなんて…無茶にも程があります!」

「ふふ…ソノラ?あなた、相変わらず人の技量を見抜く力が足りないわね。ジン達はこう見えて【やる時はやる】のよ?
むしろ、私達くノ一は…所詮【女】でしょう…男性の力にはかなわないわ。
ねぇ…ん♪ジン。あなたならディジェネの少女なんてイチコロよねぇ?」

 ジンの肩にもたれかかるようにすり寄り、首筋から顎へとすらりとした指先を進めるネイ。

「ぇ…ぁ…っうんうん」

 顔を真っ赤にして直立したまま、ジンは頷く事しかできなかった。

「お前が女性にイチコロにされとるやないけ!」

 結局ソノラ達はネイだけでなく、《ベルモット探偵事務所》一行までを引き連れて事件現場へ向かうこととなった。


←「私もネイにイチコロにされたいっ♪」という方は…是非^^;
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~010~ | HOME | はみぱんTwo ~008~>>

この記事のコメント

こんにちは。秋野白亜です。

コメントありがとうございます。

お気に入りなんて恐れ多いです!
あんなブログを見に来ていただけるだけで、うれしい限りです。ありがとうございます。

またお邪魔しますね♪
2009-09-12 Sat 22:39 | URL | 秋野白亜 [ 編集]
こちらこそご訪問ありがとうございます<(_ _)>

「あんなブログ」なんてとんでもない!
まだ数話しか読ませて頂いてませんが、早朝に釣りに行ったヒトだけが味わえる【朝もやに煙る湖面】のように神秘的なイメージが素敵でした(上手い比喩が見つからない…だ、誰か私に語彙を…><

これからも宜しくお願いしますね<(_ _)>
2009-09-12 Sat 23:41 | URL | rum_bulion [ 編集]
最近ジン君ってまともにしゃべってないですね。
そろそろジン君にも活躍の場を~w

イチコロにされてポチッといっときました。
いよいよトップ3目前ですよv-10
がんば~~
2009-09-13 Sun 01:04 | URL | 7C林檎 [ 編集]
ウチの女性キャラ、みんなアクが強いもんだから、ついジンの存在を忘れちゃ…いやいや、ななな…何かの伏線ですよっ!ヾ(;´▽`A``アセアセ

…と、非を認めない私e-259

しかしキャラのバランスまで考えて頂いてるなんて…これからも色々アドバイスよろです<(_ _)>

P.S. ポチありがとうですぅ( ̄人 ̄)
ここから先はかなり険しい道になりそうですが、みなさんがポチしたくなるようなお話を書けるよう、努力致しますので、ご協力のほどを…<(_ _)>
2009-09-13 Sun 08:33 | URL | rum_bulion [ 編集]
私もネイにイチコロにされたいですっ!(←第一声)

こんにちは~今日も携帯からお邪魔します神田です♪新キャラぞくぞく登場でわくわくします♪
エリカちゃんの口調がやっぱり可愛い……!「下さい」が「キュださい」になっちゃうとこが可愛い……!(´∀`)
はみぱん1のキャラはみんなお酒の名前でしたが、2から出るキャラの名前にも何か法則があったりするんでしょーか?気になります^^
いやしかしメアリーとベルの漫才(?)は相変わらず黄金です(笑)幽霊とくの一とのかくれんぼって!(笑)

メアリーいいですね~^^はっいやいや私はネイさん一筋ですよ!でもメアリーも好きです!(←一筋?)
2009-09-19 Sat 18:12 | URL | 神田夏美 [ 編集]
いつも内容について色々感想を頂き、本当にありがとうございます<(_ _)>

エリカはですね~…ウイスキーベースのカクテルなのです^^
ただ、くノ一5人衆は【薔薇】の名前なんですよ^^;
元ネイの部隊(パープルローズ)なので、そうしてみました(*/∇\*)キャ

なにしろ、はみぱんのネーミングの法則まで覚えて頂けているなんて、嬉しくって嬉しくってどばーっ (┬┬_┬┬)

かくれんぼについては…ホント、実際にはやりたくないですね~><
けど以前メアリーが神田さんに是非お礼をと申してましたので、既に部屋のどこかに隠れているかもしれませんよ?| |_・) チラリ!
2009-09-20 Sun 02:45 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。