空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~007~

 平坦な直線を駆けるだけなら、シェリーやネイにも引けを取らないラム…慌ててシェリーも逃げるエリカを追い、跳躍する。
 凄まじい勢いで人影が、ビルが、街並みが背後へと飛んで行く…エリカの俊敏性も然る事ながら、トップスピードに乗ったシェリーとラムはじりじりとその距離を縮めて行った。

「きゃっ!?」

 シェリーが着地し、次の跳躍をしようとした瞬間…建物の陰から老人がひょいと飛び出してきた。

「ダメ!間に合わないっ!!おじいちゃんゴメン…肩だけ借りるっ…っはぅっ!??

(っずったぁ~ん)

 完全に避ける事が出来ないと判断したシェリーが、老人の肩を借りて跳躍をしようとした刹那、彼女は勢い良く路上に体を叩き付けた。

「痛っったぁぁ~~!な…なに?」

 突如背中に走る激痛…一瞬の出来事に、彼女は上下の感覚もなくなる程だった。
 気付くとシェリーは右手を老人に掴まれたまま、仰向けの状態で路上に寝ころんでいた。

「今どき元気な子じゃな…しかし鬼ごっこも気をつけてやらんと…今も、ワシが手を掴んでおらんかったら…ほら、向こうの電柱へストライクってトコじゃったのぉ」

 思い起こせば確かに…激痛が走った瞬間、手を強く握られていたような気もする。
 シェリーは老人の視線の先を追い、考えを巡らせていた…その時の勢いを考えれば、確かにあの電柱へ激突していたのかもしれなかった。

「今のは…柔道…ううん。もしかして、合気道ってヤツ?」

 老人に手をひかれゆっくりと立ち上がったシェリーは、以前ベルが買ってきたディジェネの武道についての書籍を思い出し、呟いた。
 シェリーが立ってみると、老人は彼女とそう変わらない身長で、体型もほっそりとしており、お世辞にも強そうな感じには見えなかった…が、彼女は【何か】をはっきりと老人から感じていた。

「がぁっはっは!いぃ~や…どちらとも違う。唐手じゃよ…と言っても、ワシがやっとるのはかなり古いものだがの」

 顎に蓄えた真っ白な髭を弄りながら、老人は豪快に笑う。

「か…ら…て。ねぇおじいちゃん、さっきの技は?」

 シェリーは、自分の俊敏性を持ってしても、どんな技を掛けられたのかわからず…老人に…いや、老人の技に興味が沸いていたようだった。

「さっきのはのぉ…【五つの教え】の中のひとつじゃな」

「【五つの教え】!?おじいちゃん、ソレ…ボクに教えてくれない!?」

 今すべき事も忘れ、シェリーは老人の両腕を掴み、瞳を輝かせながら訴える。

「ほぉ~…お譲ちゃん、何故この老いぼれの技などに興味を持つ?」

強くなりたいのっ!…ボク、もっともっと強くなりたいんだ」

 必死で訴えるシェリーの眼差し…老人は、まるでその奥を見透かすように彼女を凝視していた。

「ほぅ…強く…か、ならすぐ近くに全国的に有名なフルコンタクトの空手を教える道場がある。そこの門を叩くがいい」

「ううん、違う。ボク、ディジェネの空手には興味ないんだ…ものの本で読んだけど、フルコンって言っても【当たったら止める】のが癖になっていて、【撃ち抜く】事が出来ないって!ボクは喧嘩が強くなりたいんじゃない。モンスターを倒す力が欲しいのっ…もうお姉ちゃんの足手まといになりたくないのっ!」

 老人は線のように細かった眼を一瞬だけ開くと、小さく頷いた。

「そうか、あんたは最近話題の【リドルランド】の住人じゃったか…もうワシの代で途絶えさせようと思っていたワシの唐手じゃが…別世界で伝わるのも面白いかもしれんの。どれ、ちょっと腕を見せてみぃ」

 そう言って老人はシェリーの腕を取り、手首…腕…肩…まるで何かを確かめる様に揉んだりさすったりし始めた。

「ぇ…何…きゃっ!?」

「ふむ…確かに良い筋肉はしとる…それに発展途上じゃが、良い乳を持っとるのぉ…がふっ!?

 シェリーの手からだんだんと上に登って行った老人の手は、最後に彼女の胸を揉んでいたのだが、数秒後、我に返ったシェリーの回し蹴りが老人に炸裂した。

「お、お譲ちゃん…もう十分強いんじゃないか?」

 打たれた場所をさすりながら老人が呟く。
 しかしシェリーには分かっていた…老人は彼女の蹴りを受ける寸前に彼女へ寄り、力が最大となるポイントよりも以前でわざと蹴りを受けていた事を…

←「羨ましいぞエロジジィ」と思った方は…^^;
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~008~ | HOME | はみぱんTwo ~006~>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-09-07 Mon 23:59 | | [ 編集]
「羨ましいぞエロジジィ」と思ったので押しておきました(笑)
最近、クリックするところの一言コメントが毎回おもしろくて楽しみです^^
そして本当に羨ましいですね、私も是非シェリーちゃんを揉みた……ゲフンゲフン。

それにしても、「強くなりたい」というシェリーちゃん、けなげで可愛いです^^
2009-09-16 Wed 18:20 | URL | 神田夏美 [ 編集]
エロジジィ…ホントに羨ましいですねぇ…^^;

>私も是非シェリーちゃんを…
( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん同意します。いやしかし、大きさならメアリーが…ほど良い弾力ならネィ…o(`ε´)=====〇 バキッ!! ☆))XoX)
(´;ェ;`)ウゥ・・・失礼しました><

ある意味【名コンビ】になりそうなシェリー&エロジジィ…これからも応援宜しくお願いしますね♪<(_ _)>
2009-09-16 Wed 18:37 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。