空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はぐれぐも

『ミーンミンミー…』

『ジジジ…ジ…ジーー』

 はぐれ雲が一瞬、強い日差しを遮ってくれたが、またすぐに容赦なく叩きつける日差し…対比して垂直に落とされた自らの影は、輪郭をよりはっきりとさせ、吸い込まれるように黒い。
 私は公園の広場部分から遊具コーナーへ向かい歩いていたが、丁度木陰になっているベンチを見つけて腰を掛ける。

「…よいしょ」

(コトリ…)

 着ていたシャツをめくり上げ、首筋の汗を拭きながら、木で出来た子供用の野球バットをベンチの脇へ立てかけた。
 先程まで私と野球をしていた息子【大地】は、既に私の存在を忘れたかのように夢中で滑り台を駆け登っている。

「この公園も、昔はもっと沢山の子供で溢れてたもんだがなぁ…」

 そう呟いて見まわした公園内には…大人も子供も含め、数えるほどしか人がいなかった。

「そいうや何回か…自分の親と間違えて、知らない大人に抱きついたりしたっけな…これだけ人が少なければ、そんなこともないだろうが…ははは」

 独り言ちながら、私は静かに目を閉じる。

   ・
   ・
   ・

「暑っ…」

 すこしずつずれて行った木陰が、既に私のものでなくなった頃…暑さで目を覚ました。
 どうやらいつの間にか転寝をしていたようだ。

「少し疲れたか?この暑さで寝られるなんて…全く、【大地】とちょっと遊んだだけで…もう歳かな」

 そこへ、私と同年代くらいの父親であろう男性が、私の座っていたベンチの横へ座る。

「今日も暑いですね~。子供達はへっちゃらみたいですけど…ははは」

「ですねぇ~。彼らは遊びに夢中になると、暑さも寒さも関係ないんでしょうね」

 私は(今どき気軽に話しかけてくる父親も珍しいな)と思いながらもそのまま世間話を続けた。

「こうやって我が子が遊んでいるのを眺めていると、まるで自分自身の過去を眺めている気になりませんか?なんだか遊びの好みまで自分の若い頃そっくりで…ははは」

「わかります。周りの景色は変わっても、この公園はずっとそのまま…なんだか、今が昭和なのか平成なのか分からなくなってきますね」

 私は話し好きな父親との世間話に心地よさを覚えていた。

「パパぁ!喉が渇いたぁ~~!!」

 そこへ【大地】が汗だくでこちらへ駆けて来る。

「そりゃあ、あれだけ夢中で遊べば喉も渇きますよね?…ははは」

 私もつられてほほ笑むと、【大地】にジュースを買ってやろうとポケットの小銭入れを探す。
 すると【大地】は、立ち上がった隣の男性に抱き付いた。
(ははは…俺の子供の頃と同じ間違いを…帰ってママに言ったら、大爆笑だろうな…)
 そう思い、小さくほほ笑んだ私は男性に謝ろうとしたが、男性は当然のように【大地】の頭をぐりぐりと撫でると、しゃがみ込んで【大地】に話しかける。

「よし!…【そら】。じゃあジュースでも飲みながら、そろそろ帰ろうか?」

「うんっ!」

(どういう事だ?…あれは確かに私の息子【大地】だ。それを何故あの男性が【そら】と呼び、どこかへ連れて行こうとするんだ?)

 突然、通りすがりのはぐれ雲が日差しを遮り、またすぐに太陽が顔をみせる…
私はベンチから立ち上がり、子供の名を呼んだ。

「【大地】!?」

 すると男性が足を止め、振り向く。

「どうした…親父。もう帰るぞ?」

(カラン…)

 ベンチの脇に立てかけてあった木製の杖が、音を立てて転がった・・・


 - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ - ◆ -

[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー

いきなり照れてますが、【はみぱん】第2巻までもう少し時間がかかりそうなので、【ショートっぽいモノ】なぞを(無謀にも)書いてしまいました><

本日、ぶらっと公園へ行ったら…なんとなく浮かんできたストーリーなんですが、急造の【間に合わせ】のワリには、一応形にはなったのかな…と、勇気を出してアップしちゃいました^^;

メアリー 「そういうのは、勇気とは言いませんよ?…うふ♪

(;゜ロ゜)ハッ…スミマセン><

 批評、アドバイスなど…謹んでお受けいたします<(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

SSっぽいモノ | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box 2 ~ いんとろだくしょん ~ | HOME | Humming from Pandora’s box ~あるいは何かのプロローグ09~>>

この記事のコメント

タ…タイムスリップッ!!

何だか不思議なお話ですね。
一瞬複雑で、ん?ってなりそうでしたが、
よく頭を整理してみたら、とても納得出来ました(笑)

rum様は情景描写がとてもお上手ですね。
真夏のあつぅーい感じがよく伝わってきました!
2009-08-09 Sun 18:16 | URL | 筱 [ 編集]
分かって頂けましたかっ?(;^_^A

このようなスタイルのお話をきちんと(?)書いたのは初めてだったのですが、書いていて「きれいなオチ」「分かり易くても、分かりづら過ぎてもNG」と考え、できたら最初に(*゜・゜)ンッ?となり、もう一度読んでもらえるようなお話を書きたいと思ったんですが、上手く出来たのでしょうか?^^;

P.S. >【真夏のあつぅーい感じ】は、今日が暑かったからじゃないでしょうか?今、真冬の話を書いたら…たぶん【完全な作りもの】の様なお話になってたかもしれません><
(まぁ、今日はお話の中とは違い【蒸し】暑かったんですけどね~^^;
そんなわけで、皆さん夏バテに気をつけて、頑張りましょ~(o^-')b
2009-08-09 Sun 21:33 | URL | rum_bulion [ 編集]
今までの小説とは一変して、不思議な世界観を作り上げたんですねぇ(^o^)
長篇も短篇も書かれるのは、すごいなぁ、と感心しまくりです!!

こういう情景が見える物語はとても好みです♪
これからも、SSを書かれるのを楽しみにしていますね♪
2009-08-09 Sun 22:11 | URL | 鷹の爪痕 [ 編集]
鷹の爪痕さんにそんなん言われちゃったら…[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー

ここでは【はみぱん】しか発表してませんが、元々こ~ゆ~内容のお話も好きなんですよね…私(SSとして書いたのは初めてですが^^;

けど、SSの師匠である鷹の爪痕さんからは、「何かしらのご指摘」があるかなと、半分ドキドキ・半分ワクワクでお待ちしていたんですよ~(*ノェノ)キャーイッチャッタ

SS(になってるかどうか分かりませんが)に限らず、何か「あれ?」と思う事がありましたら、鍵付きでも構いませんので是非ご指導願います<(_ _)>
2009-08-09 Sun 23:39 | URL | rum_bulion [ 編集]
私なんてまだまだですよぅっアワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
反省しまくりな話ばかりですッ!
まだまだ精進していかなければッ、と日々悩んでいるのですから。

もう恐れ多くてSS書けなくなっちゃいますよ(笑)

初めて書かれた、ということで、まずは「楽しんで書く」というのが大事だと思いますよ~!

それでも何かしらの感想が欲しいというのなら……( ̄ー ̄)ニヤリッ  なんちゃって(笑)

2009-08-10 Mon 12:51 | URL | 鷹の爪痕 [ 編集]
確かに、ソレが【辛い事】だったら続かないですよね~^^;
私は今回のSSも【はみぱん】も、幸いなことに楽しく書けていますよ♪
プロじゃないですから、【締切】もなく【生活】もかかってないですし、「書ける時に書こう」的な感じでお気楽にやってますo(*^▽^*)oあはっ♪
ただ…折角【はみぱん】を面白いって言ってくれる方々をあまりお待たせしちゃいけないとは思っておりますが><

P.S. 感想…欲しいですっ((o(б_б;)o))ドキドキ
2009-08-10 Mon 20:56 | URL | rum_bulion [ 編集]
夏の日差しと影が織り成すコントラストや立ち上る陽炎、あるいは一欠けのはぐれ雲といった鮮烈な印象が、素敵だけれども遠くに行ってしまった思い出を、『私』に追体験させてくれたのかも・・・。

以上、『はみぱん』よりも幻想成分多めなお話に妄想を刺激されて、ココロの潤い分も多くなった私でした。
2009-08-12 Wed 10:38 | URL | 7C林檎 [ 編集]
相変わらず、ななちゃのコメは勉強になったり、私の表現力不足を補って頂いたり…感謝しきりです(ぺこ)

今回のコメ…このお話の紹介文として、そのまま使えそうですよ♪

このようなお話に作者が【答え】を提示してはいけないと思いますので多くは語りませんが、過去への(精神的な)タイムスリップともその逆のタイムスリップとも、単にアルツ入ってしまった老人のお話(汗)とも…或いは別の捉え方をする方もいるかも知れません。

読んで頂いた方の読み方次第で、どんなお話にもなるのかな?…勿論それで構いません(o^-')b

P.S. ななちゃのココロの潤い成分も増量頂けたようで…ほっと一安心です(´▽`) ホッ
2009-08-12 Wed 11:22 | URL | rum_bulion [ 編集]
訪問&コメントありがとうございました!

素敵な小説ですね!
夢か幻かそれとも…
息子さんとお孫さんはそっくりだったんでしょうね。
それにしても、お父さんは人生の大事なところを飛ばしちゃったみたいになってちょっと可哀想ですね。
思い出せればいいのですが。
なんか視点がおかしくてごめんなさい。

またお邪魔します!
2009-08-13 Thu 00:42 | URL | 紫桜 凛 [ 編集]
大変参考になるコメント、ありがとうございます<(_ _)>

やっぱり人それぞれの捉え方・視点があるんですね~φ(。。;)メモメモ
あ…けど、「視点がおかしくて…」って、全然そんなコトないですよ~^^
むしろ、内容に具体的に突っ込んだ感想を書いて頂けて…本当に嬉しいです\(^▽^\)(/^▽^)/

これからも宜しくお願いします<(_ _)>

私もまたお邪魔させて頂きますね~^^
2009-08-15 Sat 06:50 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。