空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Humming from Pandora’s box ~あるいは何かのプロローグ05~

「ぇ?…ぇ?…パ…パパパ…炎掌ぅ!!

(ヴォムッ!!)

 炎掌(パーム・ボム)は手のひらに火の球を作り出し、触れた物を爆破させる攻撃魔法である。

(ガラガラガラァァァ・・・)

「はぅっ!?」

 突然ジンのいる足場が崩れ落ちる。

(じゅぅぅぅ~~~!!)

 「ぎゃあああぁぁぁ~~~~!!」

 何故かユニゾンで響く叫び声と共に、極限まで熱せられた金ラムとその周りの岩は、水に触れた途端勢いよく蒸気を発し、付近の水を沸騰させた。

「…ぉ…終わったんか?」

 ベルが呟く…と、力なくぷかりと水面に浮かぶ…2つの影。
 1つは勿論、対戦相手のモンスターだが…もう一つは、紛れもないジンであった。

きゃっ!ご主人様ぁ~~~!すみません、そこまで考えが及びませんでしたぁ!」

 慌ててジンを抱え上げるメアリーを見て、ベルが呟く。

「いあ…絶対及んでた思うで…」

スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box ~あるいは何かのプロローグ06~ | HOME | Humming from Pandora’s box ~あるいは何かのプロローグ04~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。