空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第746回「今だに信じている都市伝説」

「またここか…そろそろ慣れてきたな。なになに?今回は『今だに信じている都市伝説』やて?」
異質な空間に佇む数人…その中でひと際小さな生き物であるベルが垂れ幕を読み上げた。

「都市伝説って、【口裂け女】とか【トイレの花子さん】とかの類のお話でしょうか…うふ♪」
透き通るよな肌をした、メイド姿の眼鏡っ娘【メアリー】がすうっと姿を現す。

おのれの存在が都市伝説じゃぁ!

(スカっ!)

ベルはメアリーに向ってハリセンを振り下ろすが、いつものようにハリセンはメアリーを通り抜け、勢い余ったベルは床に転がった。

「まったく、あなたは懲りないヒトね」
そう言って忍装束の女性がベルをひょいとつまみ上げる。

「ネイ!?…お前は今、本編じゃ大変なコトになってるんじゃ?」
驚いた表情でベルが振り向く。

「ま…それはそれ、ここはあくまで番外編って事で…ね♪
 そうねぇ…他にも【人面魚】…あ、あれはただの模様だったのよね?あ…そうそう、【人面犬】なんてのもいたかしら…」
ベルを肩に座らせ、ネイは遠い目でつぶやいている。

「くぅん…呼んだ?」
先程まで部屋の隅で丸まっていた影が頭を上げてこちらを振り向いた。

「おぉ!…ラムもいたんか。そやな~、お前は『まんま【人面犬】』やなぁ…って、しもた!」
思わず口をついたあまりに気遣いのない感想に、慌ててベルが口を押さえる。

「ラム、時々向こうにお散歩しに行くけど…」

お前が犯人なんかいっ!

(バシぃっ!)

今回は、ベルのハリセンが見事にラムに炸裂した。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box ~040 | HOME | Humming from Pandora’s box ~039>>

この記事のコメント

rum_bulionさんおかえりなさい!
ベルのハリセンツッコミ、いつもお見事ですねー、見ていて清々しいくらいです!本編がシリアス風味なので、こうやって息抜きできる部分があるの、いいですねえ♪

あ、あのところで今度、うちのブログでこちらのブログ様を紹介させて頂いてよろしいでしょうか?時々、そうやって相互様紹介の記事を書いているので♪

それでは、また遊びに来ますね!
2009-08-02 Sun 21:19 | URL | 神田夏美 [ 編集]
( ´ ▽ ` )ノ タダイマァ

もう、ベルとハリセン…離す事が出来ませんねぇ^^;

ぇ…紹介ですか?(*ノノ)キャ
ありがとうござます。よろしいのなら是非お願いします<(_ _)>
私のトコなんか紹介してしまって、神田さんのトコの質が落ちないか心配ですが…(;^_^A
2009-08-02 Sun 22:40 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。