空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Humming from Pandora’s box ~038

「やめて!ほどいてよ!」

 蔓植物に捕らえられたまま天井裏から下ろされたシェリー。

 今は床や天井から伸びた蔓に縛られ、大の字の状態で壁に貼り付けられた状態で必死にもがいている。

「ふふふ…だめよ。あなたはこれから私の開発した主婦向け玩具【A-non花(ええのんか)】の初めての実験台(マウス)になってもらうんだから。」

 妖しく微笑んだ美沙は、先程のマカツァーヴァの生えた鉢植えを、身動きの出来ないシェリーの前にことんと置いた。

「何…それ?マカツァーヴァじゃないの?」

「そうね。それじゃあデータを取りながら、説明してあげましょうか…
 まずそれはマカツァーヴァではなくて、私が増田の研究をヒントに作った合成植物(キメラ)なのよ…ここへ来た時に表にもフランシーヌと蔓植物の合成植物があったでしょう?」

 美沙は傍らからバインダーのようなものを取り、白衣の胸ポケットからボールペンを抜いた。

「ま、《増田》なんて…あなたのご主人じゃないの!?」

 事務所では夫と呼び、随分と心配していた様子だった美沙の態度が豹変していることに戸惑うシェリー。

「あいつが!?
…ふふふ。まだ若いあなたには理解できないかもしれないけど…偽装結婚って言葉を知らないかしら?」

 ボールペンを軽く顎に添え、妖しく微笑む美沙。

「どういうこと!?ご主人を愛してなかったって言うの?」

「う~ん、そうねぇ。愛してはいたわ…彼の頭脳をね?
…私が菅平と増田の研究チームの助手をしていたのは知っているのよね?
 そこで働くうちに、増田の研究熱心さと、その発想の素晴らしさに気付いたの…けど、男としての魅力は断然菅平の方が上だったわ。」

 そう言いながらマカツァーヴァの鉢の位置をずらし、足を開かれたシェリーの真下に置きなおす美沙。

「年上の魅力って言うのかしら…菅平に惹かれた私は彼と陰で付き合い始めたの。
 しばらくして彼の論文が上手く行かないと嘆いているのを聞いて、増田の論文をそっくりコピーして差し出したのよ。
 彼も最初は受け取らなかったんだけど、やはり人間、欲には勝てないものね…それからは、情報を引き出しやすいように表向きは増田と付き合うようになったの。」

「そんな!好きでもないのに!?」

 噛み付かんばかりに声を荒げるシェリー。
その下ではマカツァーヴァがぐねぐねと妖しく蠢いている。

「増田は論文が盗まれたのに気付いてからも、私を疑おうとはしなかった。
もしかしたら初めての恋だったのかしら…本当にそれまで研究一筋でやってきたのね。
 結婚して、菅平から離れる為にリドルランドへ行こうと言われた時には本当にびっくりしたわ…だってその時点でキスすらしていなかったのよ?
 まあ最近は結婚したことで安心したのかしら…元の研究バカに戻ってしまったけど。
 さ、いつまでも昔話をしていてもしようがないわね…検証結果が取れ次第、彼の所へ戻らないといけないから…そろそろ実験開始といこうかしら?」
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box ~039 | HOME | Humming from Pandora’s box ~037>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。