空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Humming from pandora’s box ~035

「ジン…ジン…
すぐに回復魔法(ヒーリング)かけて…はぁ、はぁ…あげるからね?
くぅ…あの石を…やっつけられるのは、ジンしかいないんだか…ら…きゃう!」

 激痛にうずくまるラム、すぐに再び進もうとするが、それもままならない。

「さて、後二人を少々懲らしめて菅平への手土産にするか…」

 増田がそう言うと、ストーン・ゴーレムが不気味なほどゆっくりとベル達の方へ体を向ける。

メアリー、逃げぇ!

 振り下ろされるストーン・ゴーレムの拳を避けるように飛び立つベル。

「そうか、お前は飛べるんだっけな。」

 ストーン・ゴーレムは、その巨大な手のひらで地面の砂を掴むと、それをベルに向けて放った。
 投げつけられた大量の砂利は、投網のように広がる。
飛び散る砂利は、ベルにとってはちょっとした岩が飛んでくるのと変わらない。

(ビシッ!)

「あうっ!?」

 避けようのない石の礫に当たり、ベルは撃ち落された鴨のようにひらひらと落下する。

「…あと一人…」

 振り向いたストーン・ゴーレムの先には、メイド姿の眼鏡っ娘《メアリー》がいる。

「…うふ♪」

 メアリーの取り繕った笑顔には、冷や汗が流れていた。

(ズゥン…ズゥン…)

 足を失くしたストーン・ゴーレムが少しずつ目標に近付く。

「お前は研究の成果に傷を付けたのだから、ただではすまさんぞ!」

 巨大な拳がメアリーに向かい振り上げられる。

「きゃあ!」

 メアリーは実体を消す事も忘れ、その場で頭を抱えてうずくまってしまう。

(ズガァン!)

 轟音が響いた…だが、まだストーン・ゴーレムの拳は振り上げられたままである。
よく見るとストーン・ゴーレムの背中から黒煙が上がっている。

「ぐあっ!?…だ、誰だ!」

 ストーン・ゴーレムが振り向くと、小さな黒い影がゆっくりと立ち上がる。

「おじさん…僕の友達をこれ以上傷付けると…僕、キレちゃうよ?」

 小さな影はストーン・ゴーレムに近付きながら次第に淡いオーラを放つ。

「お前は、さっきの?…いや、別の人間か?」

 夕刻の薄暗い中で、それまで戦っていた誰ともつかない口調を聞き、増田はそれが誰なのか判別がつかない…そして次第に強まるオーラは、やがてその姿を現して行った。

「ご主人様ぁ♪」

 メアリーが叫ぶ。
 その姿は確かにジンであったが、それまでよりずっと幼く見え、口調もまるで子供のように聞こえる。

「く…ジンのもう一つの人格が出てきたか…こうなったらもう手が付けられん。
 メアリー、ラムを連れて出来るだけ離れとき。」

 メアリーにはその意味が分からなかったが、ベルの言葉に従いラムを助けに向かう。

「あ、ありがと…メアリー。
あのジンが出てきたなら、もう心配ない…よ。」

 メアリーがラムを背負うと、ラムは力ない笑顔でそう言い、安心したのかそのまま気を失ってしまう。
 メアリーはそのままラムを背負って出来るだけその場から離れた。
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box ~036 | HOME | Humming from Pandora’s box ~034>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。