空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Humming from Pandora’s box ~031

「な、何だ?…ゴーレム!」

 増田の声に振り返ったストーン・ゴーレムだが、その距離は彼を助けるには遠すぎた。
しかしストーン・ゴーレムは拳を握り、何かを投げる動作をする。

(ヴォン!)

 するとストーン・ゴーレムの右腕が肘の辺りから外れ、ベルに向かって飛んで行く。

ベル!危ないぃ!

 ラムが犬のように四つ足で駆け出した。
そのスピードはまさに獲物を追いかける狩猟犬そのものだった。

(ズドォン!)

 ストーン・ゴーレムの腕はベルを僅かに逸れ、増田の後ろで砂煙を上げて着地する。
 刹那、着地の爆風が砂埃を舞い上げ、それと共に舞っていた眠りの粉をも吹き飛ばした。

「ベル!だいじょう・・・ぐう。」

(ズザザザァ~)

 運悪く舞い散った眠りの粉を走った状態のまま吸ってしまったラムは、足を止めスライディング状態で眠ってしまった。

「そういう事か…運が悪かったな。
ゴーレム!装着!!

 熟睡しているラムを見下ろし、ベルのやろうとしていた事を理解した増田…そうして彼がストーン・ゴーレムに向かって叫ぶと、それは轟音を立て増田の方へ駈け寄る。

「やっべ、ラムが危ねぇ!」

 それを見たジンもラムを助けようと走り出した。
 増田の前で立ち止まったストーン・ゴーレムはその場で跪き、自らの胸を割り開く。
 見るとそこには人一人が入れるくらいのスペースが開いており、増田はその胸の中へと体を納める。
 その間に眠ったままのラムを抱え、ジンが彼女を安全な距離まで連れて行く。

「ふははは…これで私を眠らせる事も傷付ける事も出来まい!」

 岩陰にラムを寝かせたジンが振り向くと、ストーン・ゴーレムと一体化した増田が高笑いをしている。

「何てことや!あいつ、ストーン・ゴーレムの弱点を克服しよった!」

 ストーン・ゴーレムはそれを操る術者が死んだり意識をなくしたりすると術が解けて動けなくなるのだが、これではストーン・ゴーレム自体を倒さないことにはそれを止める事が出来なくなってしまったのである。

「さすがディジェネの研究者やな…きちんとゴーレムの弱点まで把握しとる…ジン、どうする?」

 ベルが焦燥顔でジンへと振り向く…と、その奥でなにやらバスケットを開いているメアリーに気付く。

「サンドウィッチなんか食べとる場合やないやろ!?」

 メアリーはその声に笑顔で振り向く。

「うふ♪違いますよぉ。
実はこの前ベルさんに捨てろって言われたニトログリセリンと珪藻土…こんな事もあろうかと、混ぜて持ってきちゃったんですぅ♪なんだかダイナマイトになっちゃいましたぁ…てへっ♪」

 そう言ってメアリーは、バスケットから灰色の大きな玉を取り出す。

「ほんまにこんな事態を予想してたんか?…単に趣味やないのか?」

 訝しげにメアリーを睨みつけるベル。

「…うふ♪
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Humming from Pandora’s box ~032 | HOME | Humming from Pandora’s box ~030>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。