空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~054~

「よし、では…用意しろ」

(ぱんぱんっ!)

 リドル王が掌を数回叩くと、縁側の向こうの襖が勢い良く開け放たれ、4つの影がドライアイスと思われる煙の中から現れる。

(ギャア~ン♪)

 突然鳴り響いた電気的な音…相変わらず家来や取り巻きの女性達は一斉に耳を塞いだ。


  ♪声高に時代は青物だとグルメリポーター 赤身で表層近くを群れで泳ぎたて…


 一瞬呆然と立ち尽くしていた増田だが、メロディーを良く聞いてみるとどこかで聞いた事のあるものに思えた。

「と…殿様!この曲って…」

 大音響で響く音楽にかき消されながらも、増田はリドル王の耳元へ顔を寄せて言葉をかける。

「はっはっは…先日招いた客人が置いて行ったくれた数枚の【こんぱくとでぃすく】なる物をヒントに、リドルでも【バンド】を組ませてみたのだが…どうだ?ちなみにこの曲は《威張る鯖》と言う」

 恐らく先日呼び寄せた高校生バンドが置いて行ったCDをパクった物と思われるが、元々あまり音楽に興味がない増田には…雑音にしか聞こえない。
 仕方なくその曲を聴いていた増田…池の周りの岩に腰をかける様にして演奏している者たちをぼんやりと眺めていると、彼らのシルエットがどうも気になった。
 やや遠めなのと、いくらなんでも多すぎるスモークで、はっきりと顔までは見えないが、どのメンバーもミュージシャンにありがちな細身な体型で…ただ、頭が異常に大きく思える。

(~ジャンッ♪)

「天晴れ天晴れ!…御苦労であった。お前達も楽器を置いて一杯やらぬか?」

 増田が気付くと、リドル王はいつの間にか枡を片手に演奏を聴いていたようだった。

「センキュウ…センキュウ…」

 歌声とは異なり、たどたどしい言葉でリドル王へと歩み寄るメンバー達。
 スモークも止まり、庭先へと降りて来たメンバーを見て、増田が声を上げる。

「うわっ!?は虫類…」

 増田の目に飛び込んできたのは、大人としてはやや小柄で異常なほど細身…対比して非常に大きな頭部に大きな目が黒光りしている灰色の肌を持った、所謂《グレイタイプの宇宙人》であった。

「はっはっは…驚く事はない。彼らは宇宙からの来訪者らしく、リドル上空で【ふらいんぐ・そぉさぁ】が故障したとのことで、修理が済むまでここで面倒を見てやっているのだ」

「いやいやいやいや…そんな、子犬を拾うかのように簡単に…」

 増田は初めてリドルランドに足を踏み入れた時と同等の衝撃に襲われ、上手く言葉が継げないでいる。
 科学者として、《リドルランド》の存在を受け入れるのにはかなりの時間を要した…しかしそこに無尽蔵の研究材料がある事に気付き、彼はその考えを変えたのだ。

「ネェチャン…エエチチシテンナ…」

「ほ~っほっほっほ!…さすがにその巨大な瞳はダテではないようね!?良い所に目を付けるわ」

 いつの間にかルシータの傍らで、彼女にちょっかいを出している宇宙人…しかし、細長い指をその胸に伸ばそうとした刹那!

「〔主電源ボタンに未確認人物の指が接近…排除します〕おやめっ!…私の主電源ボタンに触れて良いのは、オーサー・マスダのみよっ!?」

(パシッ!)

「ナ!?…エエジャナイカ…エエジャナイカ…」

 宇宙人とルシータの小競り合いが始まる…いまだに正気に戻れない増田は、茫然とそれを見ながら呟く。

ロボットと宇宙人の争い…ハッ!?これは、SF!?…スペース・ファンタジーなのか!?

 とは言え、その内容はお触りしようとする男とそれを拒む女性…下町のスナックで良く見られる光景である。

「はっはっは!お前達、そのくらいにしておけ。彼女は俺の大切な客人だ…演奏の褒美は取らせるので、もう下がって良い」

 リドル王の言う事を聞かず、ルシータの胸に欲情している宇宙人だったが、王の瞳が笑っていない事に気付いた宇宙人が他の宇宙人を止め、すごすごと下がって行った。

「すまぬな…少々不快な思いをさせてしまったか…増田とやら、口直しにお前も一杯やらぬか?もし飲めるのなら、ルシータとやらもどうだ?」

「ん…あ、あぁ。す、すみません…もう妖精達と合流しなければならないので、そろそろ失礼します」

 リドル王の問いかけに、やっと我に返った増田は、深々と頭を下げるとルシータを呼び寄せ帰り支度を始めた。


←急造バンド…やっぱりその程度か…( ┰_┰) と、思われた方は…
注:はみぱんの主成分は【駄洒落】で出来ています(T▽T)
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~055~ | HOME | はみぱんTwo ~053~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。