空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~050~

(…パタン)

「くぅ~ん、ただいまぁ~」

 事務所へと戻った一行…ジンはソファーへ、ラムは入口付近の足拭きマットの上で…皆がそれぞれ思い思いの場所でくつろぎ始める。

「っぷぅ~!たまの外食もえぇけど、やっぱ家が一番やなぁ~」

「そうですね~♪生き返った気分です…うふ♪」

 そう言って大きな伸びをして見せるメアリー。

だ・か・ら!…そのセリフはお前が言ってええセリフちゃうやろぉ!」

 帰るなりハリセンを振りまわし、メアリーを追いかけるベル…それを横目にジンが腰を下ろしたソファーから、珍しく姿を消さずにきゃっきゃとベルのハリセンから逃げ回っているメアリーへと声をかける。

「そういやメアリー、お前…さっきの奴らと面識があったようだけど、前に何かあったのか?」

 その呼びかけに反応し、突然立ち止まり振り返るベル…勢い余ったベルが彼女の顔面と正面衝突する!

「きゃっ!?」

「ぎゃん!」

 眼鏡が割れ、血みどろになったメアリーとベルが同時にジンへと振り向く。

『うらめしやぁ~~~』

「って、言うとる場合か!ジン、お前が突然呼びよるからに!」

 あまりにリアルなお化け屋敷の出し物のような二人に一瞬たじろいだジンだったが、やれやれといった表情で肩をすぼめる。

「え~とですね…以前、町へ買い出しに行った時にボンビーさん達に襲われまして…あの時は私一人だったものですから、お頭さんさえ倒してしまえばと思いまして…てへっ♪

「幽霊の癖して、冷静な判断やな…」

 ベルがぱたぱたとテーブルへと飛んで行きながら、独り言のように呟いた。

「そっか…まぁ、メアリーに言うのもなんだけど…夜道の一人歩きには気をつけないとな?」

「確かに幽霊に言うセリフちゃうわ…」

 メアリーとの追いかけっこに疲れたのか、ベルはツッコミと言うより独り言のように言い放ち、彼女専用の小型ソファーへと腰を下ろす。

「ありがとうございます。あ、私…お茶を淹れてまいりますね?」

 そう言って給湯室へと消えて行くメアリー…ちょうどそのタイミングで事務所の一角でもぞもぞと動く気配がした。

「だ…誰やっ!?」

 突然の気配に、ベル達がさっと身構える!

「ぅ…ん…あぁ、疲れて寝てしまっていたようだ。しかし、誰だは酷くないか?」

 そう言いながら、毛布にくるまって仮眠をしていたのであろう増田がむくりと身体を起こす。

「あ!…せやった、お前がいたんやったな…すまんすまん…って、しもうた!あの騒ぎでお前の分の食事を買うて来るんを忘れてもうた!」

「なんだと!?今日のトラブルの上に、ルシータの戦闘モードへの改造で…もう腹が二次元の世界へシフトしてしまいそうだというのに…」

 増田の表現はリドルランドの面々には理解しがたかったが、相当な空腹だと言う事はベルにも理解出来たようだ。

「いや、ホンマすまんかった…向こうでもちょっとトラブルに巻き込まれてもうてな…お前の事は頭からすっかり抜けてもうたんや…せや!持たされた土産の中に、なんか食えるモンが入っとるんちゃうか?おい、ジン。ちょっと開けてみ」

 そう言われて、ジンがソファーの脇に置いてある紙袋の中をごそごそとかき回す。

「ん~…っと、食えそうなモンは…お?この箱は何だ?」

 ジンが目についた箱を袋から取り出すと、それをテーブルの上で開けて見せる。

「なんや、その大きさは…煎餅かなにかの詰め合わせやないのか…って、なんじゃそりゃ!?」

 箱から取り出されたのは、30センチ程の陶器で出来た大皿に、例の【コモド店長】の顔写真がでかでかとプリントされたものであった。

こんなんでメシが食えるかぃっ!…メシ食っとったら、いつの間にかオオトカゲと『こんにちはっ!』て…想像もしたないわっ!」

 皿の隅にはリドル語で『いつでも笑顔でお待ちしております』と書かれているが…そこに写されたコモドオオトカゲからは、一切表情を読み取る事は出来ない。

「あ…なんかタッパーが入ってる…これは食べ物なんじゃ…うわっ!?」

 店長スマイル(?)の写された皿を置き、更に紙袋の中を物色していたジンが、なにやら半透明の入れ物を取り出したが、その中身を見るなり驚きの声を上げて、それをテーブルの上へ落としてしまう。


←ジンの取出した食べ物とは!?(そもそも食べ物なのか?
また、【ソレ】を食すのに店長皿を使う事は出来るのか!?次回、乞うご期待!?^^;
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~051~ | HOME | はみぱんTwo ~049~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。