空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~029~

「いきなりこんなトコへ連れて来られて…何か飲めってもなぁ…おい、お前は何飲む?」

「あ…俺っスか!?」

「オレンジスカッシュでございますね?かしこまりました」

 仲居が頭を下げ、メモを取り始める。

「いやいや、『オレっスカ』って…オレンジスカッシュを省略して言ったワケじゃないし…ってか、そんなメニューあんスか?」

「あんこスカッシュにご変更ですか?」

 至って真面目にメモに横線を引き、聞き直す仲居…どうやらディジェネの飲食事情が歪んで伝わっているようだった。

「いやいやいやいや…それだけは勘弁してぇ!あんこをスカッシュされた日にゃ…もう、オレンジスカッシュでいいスから」

 ベースの男は諦め顔で仲居に言う…が、仲居のボケはとどまるところを知らず…

「イイスカとは…【イイダコ・スカッシュ】の事でしょうか?」

「…もういいっス…お冷下さい」

 ようやく不毛な会話が終わり、仲居は深々と頭を下げると、廊下へと出て行った。

「はあっはっは…まあゆっくりして行くと良い。しかし、イイダコスカッシュなるもの…俺も一度試してみるとするか」

いや、ナニに食いついてるんスか!?…絶対止めた方がいいと思うっス!」

 王のセリフに、慌てて手を振り否定するベーシストの男。
 しかし元々興味のない話に口を合わせただけのようで、リドル王はすぐに別の話題を切り出す。

「しかし天晴れな演奏であった。よく来てくれたな?褒美を取らせるので、帰りには皆宝物庫から持てるだけの金塊を持って行くが良い」

「ちょ、ちょっと殿!…大雑把な性格にも程がありますぞ!」

 それまで広間の隅でその存在すら気付かせなかった老中が、慌てて口を開いた。

「よいではないか…わざわざディジェネの高校から楽器まで持って来てくれたのだ。金塊の一つや二つ…」

「…殿…」

 左目に大きな傷痕を生々しく残し、恰幅が良いが肥満ではなく…老人とは到底思えない様な隆々とした筋肉を持った隻眼の老人が、静かにリドル王を見つめる。

「元々税金をギリギリまで下げ…何とかやりくりしている我が国の大切な財宝…軽々しく浪費するようなら、如何に私とは申せ…到底黙っているわけには…」

「分かった分かった…まったくお前は冗句(ジョーク)の分からん奴だな…お前を怒らせたら命がいくつあっても足らんからな?」

 リドル王は冗談めかして身震いをするが、老中にはその冗談すら通じなかったようだ。

「このランディ・B・ウェイン…殿との果たし合いに惨敗したあの日、殿の情けに心打たれ…この命を捧げた身。何があろうと殿に銃口を向ける真似などは二度と致しません」

「つまらん話はするな…酔いが醒めてしまうではないか。まあ、お前に任せる…ただ、大切な客人なのだ。相応の褒美を用意しておけ」

 リドル王は一瞬愁いを帯びた表情を浮かべたが、すぐに杯を手にし、仲居へと向ける。

「つまらん話を聞かせてしまったな…それより、お前達の事は何と呼べば良いのだ?…レースをするのは【レーサー】、マヨネーズをかけまくる者は【マヨラー】と聞く…音楽をやっているお前達は【オンガキャー】で良いのか?」

(ぶふっ!?)

 一斉に口にしていた水を噴き出すメンバー。

「…えーと、先程からこちらでは【日本】の情報が誤って伝わっているようなので、お教えしますが…出来たら私達は【ミュージシャン】か【アーティスト】でお願いできますか?」

「それと、高級住宅街に住むマヨラーは【マヨネーゼ】でお願いしまっス!」

 どさくさに紛れて適当な事を言うベーシスト。

「そうか、すまぬな…これからも文化交流の為に色々と勉強せんといかんな。まずは【オンガク】だな…ディジェネでは音楽を封じておく鏡があると言う…とりあえずはそれを取り寄せるとしよう」

「CDの事っスね?…それなら丁度、何枚か持ってきてるので、良かったらどうぞ…」

 そう言ってステージ脇へ戻りごそごそとバッグを探ると、数枚のCDと持ってくるベーシスト。

「おお!…ありがたい。なになに…エスジーテー…むぅ、何と読むのだ?これは」

「サージェントペッパーズロンリーハーツクラブバンドっス…後はビートボーイズとキュートビートクラブバンドっスね」

 古いにしても、あまり聞いた事のない名前のバンド名ばかりを連ねたCD…慌ててキーボードの女性が別のCDをリドル王へ手渡す。

「あんた、相変わらず【まがい物】好きねぇ…殿様、こちらの方がまだ一般的かと思います」

 そう言って手渡したのは【GLAY】のCD…こちらも少々古そうだったが、前者よりはマシだと思ったのか、他のメンバーからの突っ込みはなかったようだ。

「ナニ言ってんスか!Sgt.Pepper’sLonely…もごっ!?」

 リーダー格のドラマーが、ベーシストの口を塞ぐ。

「はあっはっは…揉め事はよくないぞ?…どちらもありがたく受け取るとしよう。近いうちにリドルでもオンガキャーを集め、【ぐるうぷさうんず】でも組ませようではないか…今宵は楽しい宴になった!
 お前達、好きなだけ飲んで行くが良い…なんなら【イイダコ・スカッシュ】を作らせるが…」

 バンドのメンバーは仲居へ向け手を叩こうとするリドル王の腕を慌てて掴み、ぶんぶんと勢い良く首を振った…


←「殿様!CDプレイヤーは持ってるんですかっ!?」と、心配になった方は…
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<FC2トラックバックテーマ  第839回「手品できますか?」 | HOME | はみぱんTwo ~028~>>

この記事のコメント

王様超天然ですね!!
一瞬シリアスぽい雰囲気になりかけましたが、
流石ラム様!ギャグに持って行くのがお上手でらっしゃる(*´д`*)
そのギャグセンス、私にも分けて下さい!!

後、私は仲居のファンになりました☆
天然キャラが多いとお見受けする「ハミパン」で、
異彩を放つ程の天然っぷり!!
ネイちゃんも好きだが、仲居も好きだぁぁぁッ!
2009-10-25 Sun 16:10 | URL | 筱 [ 編集]
はみぱん…ボケキャラ多すぎですねぇ(;^_^A アセアセ・・・
ただ、リドル王やその家来達に関しては【誤った日本の情報を覚えてしまっている外国人】的な表現をしたかったのですが、ギャグに走り過ぎて上手く伝わらなかったのかしら…ちょっぴり...... ( 〃..)ノ ハンセイです

>一瞬シリアスぽい雰囲気になりかけましたが…
不要なシリアスでしたね~^^;
ただ、自由奔放なリドル王のブレーキ役が必要かなと思いまして、彼を登場させちゃいました^^;
彼は【はみぱん】の前身のお話の頃から存在し、当初はベルの仲間として活躍していたのですが、はみぱん第1巻を作成するに当たり「女性の方がいいだろう」と、メアリーと交代させちゃいました(ランディ・B・ウェイン⇒ブランデウェイン(焼いたワイン)の名の通り、はみぱんネーミングの法則からも当初は重要なポストにいた事がうかがわれますね♪

軽い裏話でした…はい^^;
2009-10-25 Sun 21:43 | URL | rum_bulion [ 編集]
あんこスカッシュって……( *´艸`)!
お女中さんが天然でかわいすぎですよっ、これ「そうです」て言われたら、本当にあんこをスカッシュしてきてくれたのでしょうか(笑)

それにしてもランディ・B・ウェインかっこいいーっ! こういう忠臣キャラ好きです☆

――あ、ちなみに、閲覧者1の状態でも、卯月いましたよ! コメ書いていたのですが、なぜでしょう…?
あと、うちのパソコかサーバーかわからないのですが、みにチャットさんと相性が悪いのかなんなのか、途中から、書きこもうとするとやたらにブラウザの動作が止まるようになってしまって…そのせいなのですが、途中、無言になっちゃってすみませんでした;;;
2009-10-25 Sun 23:44 | URL | 卯月 朔 [ 編集]
あんこでもあんずでも、きっとスカッシュしてくれたと思います( ┰_┰) シクシク

ランディ・B・ウェイン…ほんの二言三言しかしゃべってないのに、お気に入り頂けたのですかっ!?Σ
ありがとうございます<(_ _)>
現行の【はみぱん】では、彼が活躍する予定はないのですが…卯月さんに気に入って頂けたのなら、第3巻か4巻辺りで…(そんなに続けられるのか?^^;

P.S. 先程はチャットにお付き合い頂き、本当にありがとうございました(●⌒∇⌒●) わーい
実は私も数回はじかれてしまいまして…何が悪いのでしょう?(OSはビス太なんですが…ソレかしら?
ホントにチャットまで主人の性格を反映しているようで…申し訳ありませんでした(ノ◇≦。) ビェーン!!

けど、みにチャット…最近になって時々お相手頂けるようになり…例えちょっとしたやりとりだけでも、ご来訪頂けた方とリアルタイムでお話出来て…本当に嬉しいのですよっ(///∇//)テレテレ
2009-10-26 Mon 00:09 | URL | rum_bulion [ 編集]
豪放磊落な人って、私は大好きです。
(自分は小心翼翼なもので・・・)
殿のファンになりそうw

それはともかく、風邪を召されてしまったとの事。
どうかお大事に・・・・。
2009-10-26 Mon 01:02 | URL | 7C林檎 [ 編集]
(*TーT)人(TーT*)ナカマ
…しかも私はヘタレです♪

細かいコトは気にしない豪快さ…それでいてヒトからの信頼もある…憧れちゃいますねぇ^^

P.S. ごめんなさい…消すの忘れてましたが、【風邪】ではなかったようです(もしかしたら、あの日に飲み倒したビタミンCのお陰なのかもしれませんが…
今思えばちょっと強めの片頭痛だったのかも(;^_^A アセアセ・・・
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした<(_ _)>
2009-10-26 Mon 22:48 | URL | rum_bulion [ 編集]
やっとここまで追い付きました―ーっ!!
はみぱんは、話のテンポが良いのですぐに読めてしまいます★

あんこスカッシュって・・・面白そうですね、一度飲んでみたい・なんて言えませぬ!(ど、ど、どんな味??)
個人的にはオレンジスカッシュが好きです☆
仲居さん・・よくその天然さで今までやってきたなぁと思います☆すごいぞっ!中井さん!

2009-10-27 Tue 09:18 | URL | れもん [ 編集]
(*/∇\*)キャオイツカレチャッタ♪
>はみぱんは、話のテンポが良いのですぐに読めてしまいます
なんとΣ嬉しいお言葉(TT▽TT)ダァー
まぁ、私の場合は【難しいコト】が書けないだけなのですが^^;
無理して難しい言葉や表現を使っても、すぐにボロが出ちゃいますから(´;ェ;`)ウゥ・・・

あんこスカッシュ…ご興味があれば、一度おつくり致しますよ(ΦωΦ)ふふふ・・・・
2009-10-27 Tue 20:40 | URL | rum_bulion [ 編集]
やばいです、今回かなり笑わせて頂きましたwオレンジスカッシュもそうですが、あんこスカッシュって!
確かにあんこをスカッシュされたらたまりません……いやでもちょっと飲んでみたいような!?
メアリーのドライアイス入りのお茶とどっちが破壊力があるでしょうか(笑)^^

マヨネーゼ、にも大変笑わせて頂きました^^
rum_bulionさんの言葉のセンスはすごいですっ><
2009-11-02 Mon 20:19 | URL | 神田夏美 [ 編集]
ヤヴァイ程笑って頂けて…もう嬉しすぎますっ[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー

ちなみに最近【ペプシコーラのアズキ味】が出たようですね~^^;
【あんこスカッシュ】とどっちが飲んでみたいですか?
ぇ…私ですか?…アズキコーラは既に試してみましたが…感想は…ナイショです(T▽T)

>rum_bulionさんの言葉のセンスは…
そんなに持ちあげても、メアリーのお茶くらいしか出せませんよぅ^^;
まぁ、ギャグの数割は昔バンドのメンバーとミーティングと称した漫談をしていた頃に生まれた物ですね~^^;
ちなみに今回のネタはほぼ…ソノ時に生まれたものです(*/∇\*)キャ
2009-11-02 Mon 21:16 | URL | rum_bulion [ 編集]
すべて飲んでみたいと思った私って…(-_-;)

いや、一口ずつでもいいんです…全部飲みきる自信はないので、ちょっとずつ…(;・∀・)

でも褒美の金塊をもらう時には言っちゃいます。
「大きい袋、ありませんか?」って(笑)
2009-11-03 Tue 12:14 | URL | 鷹の爪痕 [ 編集]
す…全てって…【イイダコ・スカッシュ】もですかっ!?Σ

あんスカは、ギリ「試しても良いかな?」と、思えなくもないですが…イイスカは、新鮮な烏賊を使用してるので、シュワシュワしつつもどす黒いイカスミ色の液体から「にゅるんっ♪」ってゲソがはみで…(((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!

>「大きい袋、ありませんか?」…
鷹の爪痕さんが、サンタの持つような大きな袋を引っ張ろうと、汗だくでズルズルとパントマイムのように足を滑らせてる光景が目に浮かびました(*/∇\*)キャ
2009-11-03 Tue 18:13 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。