空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~026~

「ぅ…五月蠅い!回路の配線などを考えたら、自然とそうなっただけだ!…さぁ、ネイ…これで前回の戦闘に関してのデータは消去出来たぞ」

 顔を真っ赤にしながら早く話題を変えようと、増田がネイに声をかけた。

「そう…ありがとう。ちなみにさっきの画像って、もう見れないのかしら…」

 増田のすぐ横に顔を持って来て、ノートパソコンを覗き込みながらネイが呟く。
「なっ!?…ごっ、ゴホン…コンピュータという物は、一度消去した記憶は2度と復旧出来ん。正確には正しい言い方ではないが、ルシータのように常に常駐プログラムや何かで上書きを繰り返している場合は尚更だ」

 自分のすぐ数センチ横にネイの顔が近付き、取りみだしながら説明をする増田。

「そう…確かめたい事があったんだけど…残念ね」

「そっ…それより、私が割り込んでしまったが…何か話していたんじゃないのか?」

 赤らんだ顔を隠すようにノートパソコンへ向き直る増田。

「あ…そうだったわね。みんな、ちょっと聞いてくれるかしら?…今、ちょっと人探しをしていてね…」

 ネイはくノ一達に、現在ある吸血鬼を探しており、その吸血鬼は《ミスティ》と手を組んでディジェネに潜伏しているだろう事を説明した…するとカレンがネイにすり寄り、甘く囁く。

「それならネイ様ぁ…やはり今すぐご褒美を頂けませんか?ネイ様のご依頼…既に解決済みですわ♪」

「カレン…それはどういうことなの?」

 ネイがすり寄るカレンをやや押し戻しながら聞く。

「あぁん…私達が先程までしていた任務なんですが、『キトゥニッシュ達がなにやら騒いでいる』という噂で、その実情を調べて来たのですが…どうやら彼女達もミスティを追っていたらしいのです。
 そして、珍しくミスティが【誰か】と組んでおり、その【誰か】がディジェネのS高校と言う学校に潜伏しているらしいという事までは調べがついたらしいのですが、調査中の数人が行方を消したとか何とかで騒いでいたようで…」

「そうだったの…ありがとう。しかし、キトゥニッシュ…彼女達とバッティングすると、ちょっとやっかいになるわね…」

 事務所の片隅を見るとはなしに見つめ、呟くネイ。

「あ…けどネイ様、行方知れずになったキトゥニッシュは彼女達の中でも比較的精鋭部隊だったようで…捜索するにも、体勢を立て直すのに数日はかかるかと…」

「そう…ならこちらが先手を打たせてもらいましょう。増田さん、聞いてたわね?私もメモを残しておくけど、ベル達に今の話をしてあげてくれるかしら?
…それとそのロボットだけれど、今後ベル達と行動を共にするのなら多少は戦闘を前提とした改良を考えた方が良いかもしれないわね?
後は、一度リドルランドの殿様にお目通ししておくと良いわ…今後の行動が楽になるはずよ?ジェム達にその段取りはさせておくから、修理が出来次第そうなさい」

 ネイの言葉に増田が振り向くと、そこには既に忍び装束に着替え髪を結い直している彼女の姿があった…彼女からは静かなオーラが漂っている。

「あ…あぁ、分かった」

「それじゃあ私は一足先にディジェネへ向うから、ジェム達は…今言ったロボットの件、宜しくね」

ネイ様!…あの、御褒美…」

 髪留めを咥え、濃い紫色の長髪を櫛で綺麗に纏め終え、今にも飛び立ちそうなネイをカレンが呼び止めた。

「もう…仕方ないわね…じゃあ、少しだけよ…」

 そう言ってネイはカレンに覆いかぶさる。


ぁ…ぁん♪…きゃっ…きゃはっ…」

 突然始まった女性二人の絡み合いに、顔を真っ赤にしながら慌ててノートパソコンに向き直る増田。

「…くっ…くふぅっ!?…あっはぁ…」

 しかし、彼も男であり…やがてどうにも我慢できなくなり、そーっと後ろを振り向く。

「ご褒美って…くすぐりっこかよっ!?」

 増田の眼に映ったのは、ネイがカレンの脇などをこちょこちょとくすぐっている姿だった。

「あぅっ!…きゃはんっ♪あぁあぁ~~ネイ様ぁ~~~!」


←ネイのご褒美…「私も欲しいっ」という方は…(ぇ^^;
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~027~ | HOME | はみぱんTwo ~025~>>

この記事のコメント

ネイお姉様ぁぁぁぁぁぁぁぁんっ!!
私もくすぐりっこ混ぜてぇぇぇぇぇぇぇっぇぇんっ!!!

はぁ……はぁ……はぁ……
すみません、全力で叫びすぎました……。
ネイがてきぱきと指示していく様が凄く頼りになるお姉様でした(笑)
その後のご褒美も……
やぁんっ!!素敵ですわお姉様ぁぁぁぁぁぁっ!!

……はっ!やばいやばい……。
増田教授も理性を保つので精一杯みたいですね★
………ご褒美の結果を見るまでは(*´д`*)
2009-10-20 Tue 22:32 | URL | 筱 [ 編集]
ネイのご褒美…何とかジャンルを変更せずとも表現できるレベルで良かったです(;^_^A アセアセ・・・

筱さんも是非混ざっちゃって下さいo(*^▽^*)oあはっ♪

ネイ…第2巻では色々と活躍してくれて…何だか書いていて「私もこんなお姉さんが欲しかったなぁ」なんて思っちゃったりして(*/∇\*)キャ
2009-10-20 Tue 22:54 | URL | rum_bulion [ 編集]
私も弟がいるだけなので、素敵な姉/兄が欲しかったなぁ、と思うのだけれど、でも姉/兄の出来があまりに良過ぎるのもねぇ、とも思ってみたり(以下無限ループ)

それはともかく、いよいよクライマックスに向けての助走開始、といったところでしょうか?
ドキドキです!
2009-10-22 Thu 22:34 | URL | 7C林檎 [ 編集]
親が兄弟を比べるような言動をしないのなら…いや、けどどうだろう…?^^;
私も実際は上には兄・姉がいないので、分からないなぁ(-ω-;)ウーン

クライマックスへ向けて…随分長い助走になるかもです^^;
やっぱり書きながらのアップは難しいですね~><
枚数で言うと、予定ではとっくにクライマックスの渦中だったはずなのですが(*ノωノ) イヤン
2009-10-23 Fri 01:46 | URL | rum_bulion [ 編集]
カレンよ…どこまでご褒美が欲しいんだ…と思っていたら「くすぐりっこ」w

そりゃあ、ある意味可愛くって放っておけない感じが(笑)

「ご褒美ってなんだろう、何だろう?」と思っていたので、謎が解けてスッキリ?しました(爆)
2009-10-23 Fri 11:31 | URL | 鷹の爪痕 [ 編集]
>「ご褒美ってなんだろう、何だろう?」と思っていたので…
くすぐりっこでしたね~スッキリして頂けて良かったです^^

しかし、美女二人で絡み合うくすぐりっこ…ある意味官能的かもしれませんね~(*ノノ)キャ
2009-10-23 Fri 20:55 | URL | rum_bulion [ 編集]
ネイのご褒美、私も欲しいですぅ!
それにしても、くすぐりっこっていうのも、そこはかとなく色っぽい感じがするのは何故でしょう?ネイ様の魅力?それとも私が変態なのか(爆)
ああーやっぱりネイ素敵ですね♪好きです!><

何げに増田さんの反応もナイスですね(笑)
ええ、そこは振り向きますよね男なら!(※神田は女です)
2009-10-29 Thu 22:18 | URL | 神田夏美 [ 編集]
>くすぐりっこっていうのも、そこはかとなく色っぽい感じが…
ですねぇ~( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん
私が増田の立場だったら…迷わず二人の間にダイヴしているでしょう(Σ変態っ!?

お久しのコメでしたが、そちらはひと段落しましたか?
人事を尽くして天命を待つといった状態でしょうか…神田さんの詩的な表現とか、私もファンの一人です♪
陰ながら応援してますよ~p(*^-^*)q がんばっ♪
2009-10-29 Thu 22:28 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。