空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~015~

「じゃあ、本当にお前達は《菅平》のスパイではなかったのだな?」

「ひつこいわ!…むしろスパイは美沙や言うとろうが!こっちはヤツに散々踊らされてんねやで!?それより、そっちこそホンマに美沙の居場所は知らんのやろな…彼女をかくまってたら承知せぇへんで?」

 事件現場からベルモット探偵事務所へ帰る道中、増田とベルはずっと言い争いをしていた。

「何度言わせるんだ!私が知りたいくらいだと言って…うおぉ~~~ん!美沙ぁ~~~!

 果てなく続く言い争いの中で、増田は《美沙》の名前が出る度に号泣する。
 いつまでも事件現場にいては厄介なことになると、ベル達は早々に事務所へ戻る事にしたのだが、【言葉では言い尽くせないくらいの恨みつらみ】がある《美沙》と繋がっていた増田から彼女の居所を聞き出せればと、増田をも引き連れて来ていた。
しかし、どうやらやはり本当に増田は彼女に捨てられたようだった。

「男がいつまでもウジウジ泣くなや!ホンマに居場所は知らんようやし…もう美沙の話は聞かんから、とにかくついてき!」

「…とりあえず、ジェム達にはモンスターの奇襲だったと言っておくように指示しておいたから、私達も…あなたにも捜査の手が及ぶ事はないと思うけど、あんな危険な物を作って…あなたは何をしようとしていたの?」

 会話を諦めたベルに代わって、ネイがジンの背負っているSMチックなアンドロイドを指差しながら増田に問いかけた。

「危険な物?…ぐしゅん…彼女は【obot perating ystem n pretty girl ― ype 】…略して《ルシータ》だ。
 決して危険な物ではない。今回は実験中に熱暴走を起こしてしまったが、元はと言えば私がハード部分を…美沙がソフト部分を開発し、介護などの平和利用の目的の為…おろろぉ~~ん、美沙ぁぁ~~~~~

 自ら発した《美沙》のセリフに再び号泣する増田…呆れながらもネイが質問を続ける。

「それじゃあ、今回の一件はあくまで事故なのね?研究の結果が概ね良好ならば、ディジェネへ戻り成果を発表しようとしていたってところなのかしら?」

「ぐす…すん…いや、私はもう人間関係に疲れた。
 こっちの世界で、ルシータと共にひっそりと暮らしていこうと…ぐしゅ…」

 知らんぷりを決めようとしていたベルだったが、再び増田へパタパタと近寄ってくる。

「女に振られた揚句、玩具(おもちゃ)と一緒に隠居かいっ!?…ホンっマ、情けないのぉ!!
 研究者やったら、ドカンと一発当てて《美沙》を見返すくらいの気持ちがなくてどうすんねや!」

 俯きながらぽつぽつと言葉を口にしていた増田が、頭上に飛んでいるベルを縋るような瞳で見上げる。

「そうか…この研究が成功すれば、また美沙が戻って来てくれるかも…」

 増田はそう言うと、自分の掌を見つめた後、拳を握りしめて立ち上がった。

「どうしても美沙がええんやなぁ…(ま、こっちはその方が好都合やし)
 …んで、住むトコ無くしてもうたんなら、暫くウチの事務所を貸したるさかい、存分に研究しぃや。
 但し、タダで場所を貸すんやから、留守番くらいはしてもらうけどな!?」

「全く構わん。むしろ研究中に外出する事は殆どないからな。
 そうだ!…ルシータのベータテストもやってくれないか?環境さえ整えば、すぐに稼働が可能になるはずだから…お前達と行動を共にすれば、通常以上の経験を吸収できるだろう」

 増田の瞳には光が戻っており、ベルの話を拡張してどんどん話を進めている。
 そのやりとりを見ていたジンが、ルシータを背負ったまま訝しげな表情でベルに近づいてくる。

「ベル…どういうことだよ。ただでさえ狭い事務所で研究なんか…まして【タダで】ってベルらしくないじゃん」

「ええねや、ジン。良く考えてみぃ…一度は消えた美沙も、ヤツがまた金になりそうな研究をしとると気づいたら、きっと接触してくる。
 わざわざ美沙を探すコストを考えたら、諦めざるを得んと思っとったけど…向こうから来てくれるなら話は別や。
 ウチかて美沙には晴らしても晴らし切れん程の恨みがあるんやで!?ウチらが受けた仕打ちの分は、キッチリ耳を揃えて支払ってもらわなあかんやろ」

 ベルの耳打ちにジンは身震いした…【金を追う女同士】故の予想だろうか…いずれにせよベルの計算高さと《美沙》に対する執念にはただならぬものがあるようだった。

←ベルの執念にガクブル来ちゃった方は…
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<はみぱんTwo ~016~ | HOME | はみぱんTwo ~014~>>

この記事のコメント

…ということで、ランキングと拍手をボチィッとなぁ!!

最後の二行がいい味出してますねぇ(≧∇≦)b
「うんうん」と思わず頷いてしまいましたよ、私(^^ゞ

そういえば、昨夜見たときに、オンラインカウンターが2だったんですよ。で、その時に「みにみにチャット♪」使ってみようかとも思ったんですが、相手が分からない!と怖くなりw、そのままにしちゃいました
(*_ _)人ゴメンナサイ
未だに、どうしたら良いのか分からない機会オンチの私です(´;ω;`)ウッ…

2009-09-25 Fri 12:49 | URL | 鷹の爪痕 [ 編集]
いつもコメ&ぽちありがとうございます<(_ _)>

美沙…罠にかかる動物のように、餌の匂いにつられノコノコとやってくるのでしょうか((o(б_б;)o))ドキドキ

カウンタに関しては、私が発見した場合は急いで訪問リストを見に行けば、(表示にタイムラグがあるかも知れませんが)ほぼどなたがいらっしゃっているのか分かるのですが、ご来訪者の方には分かりませんよねぇ…(;^_^A
まぁ、機能もかなりタイニーっぽいので、実用性は少なそうですが、チャンスがあれば私からお声がけしたいと思っております^^

ちなみに私…昨夜は【とある島】へ遠征に行っていたので(某ネトゲです)、同時に閲覧されてたのは別の方かと…^^;
2009-09-25 Fri 13:27 | URL | rum_bulion [ 編集]
美沙さんが現れたら、増田教授はコロっと引っかかっちゃいそうですね。彼の人生で唯一の好意(?)的な女性だったんでしょうね~(涙)

『例のビデオ』は多少売れたかもしれませんが、『あの花』は販売中止になっちゃったみたいですし、彼女、また戻ってくるんですかね?

9/24の晩・・・・?どうだったかな~?w
2009-09-27 Sun 20:34 | URL | 7C林檎 [ 編集]
【異性で人生を狂わすタイプ】のヒトっていますよね~…多分彼がモロそのタイプなのでしょう(´;ェ;`)ウゥ・・・

彼女…今はどこでなにをしているのでしょう?
再び彼の発明がメディアに取り上げられるような事になったら…のこのこやって来るのかもしれませんし、或いは別の金蔓を既に見つけているのかもしれませんね?^^;

P.S. 【あの晩の君】は、ななちゃだったのっ!?…ってか、私はいませんでしたが(;^_^A アセアセ・・・
2009-09-27 Sun 21:01 | URL | rum_bulion [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。