空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~045~

 再び衝撃が3体の竜に走ります…振り返ると背後からタキオンがアクエアを抱えているのが見えました。

「お…おじいちゃん!…ごめんなさい…僕たち…」

「謝るのは無事に帰ってからで良い!…みんな黙って飛ぶんじゃ!」

 タキオンが加わった事で、ブラックホールへと近づいていた竜達は、なんとかその場で持ちこたえる事が出来るようになりました。
 けれど、ブラックホールの引力から逃れるには至りません。

「がああぁぁぁっ!」

「うおおぉぉ~~~~!」

 ガイアもガルガウスも大きな翼を千切れそうになるくらい強く…強く羽ばたかせます。

「っくうぅ…この老いぼれの命なぞいくらでも捧げよう!しかし、この子等だけは…もう久しく使えてないが…もう一度だけ…もう一度だけ、時すら超える翼よ…その力をををっっ!!!」

 その時、タキオンの周りで淡く青白い光がぽつぽつと輝き始め…やがて彼の翼を包みます。
 気がつくと4体の竜は、ブラックホールの引力圏内から脱し、何もない空間をふわふわと漂っていました。

「…助かったの?…あっ!?おじいちゃん…翼が…」

 ガルガウスの瞳に映ったのは、翼をぼろぼろにして漂っているタキオンの姿でした。

「よい…皆が無事なら、それで良い…」

 傷ついて言葉を発するのもやっとなタキオンは、ガルガウス達の無事を確認するとにっこりと笑顔を見せると、再びその瞳を閉じました。
 やがて意識を取り戻したアクエアが、辺りを見回して言います。

「あれ?僕達…助かっ…あっ!…周りに星が一つも見えない!」

 そうです、彼らはタキオンの言っていた【ブラックホールの向こう側】へ来てしまっていたのです。

「折角助かっても、これじゃ…どっちへ飛べば良いのか…いや、いま僕達はどこかへ進んでいるのか止まっているのさえ分からないよ…」

 今にも泣き出しそうな声で、アクエアが呟きます。

「男が簡単に泣くものではない…アクエアよ。お前は目印がないと言ったな…どうせ私にはもう、星へ帰る程の力は残っていない…」

 ガイアは静かにそう言うと、大きく翼を広げ…その場をぐるぐると旋回し始めました。
 ぐるぐる…ぐるぐる…いつまでもガイアは回り続けます…やがてその翼はぼろぼろと崩れて行き…小さな大地の欠片をまき散らします。

「兄さん!何をしているの!?…翼がっ!」

「良いのだ、目印がないなら…私が皆の目印になろう…」

 そう言って飛び続けるガイアの周りに、大地の欠片が再び集まって来ました。
 やがてそれはとてつもなく大きな星になって行きます。

「兄さぁ~~ん!ダメだよっ!!」

 アクエアは泣きながら、ガイアを止めようと彼の周りをくるくると飛びながら、口から氷の塊を何度もガイアへ向けて吐き出します。
 しかし殆ど星になってしまっているガイア…その氷は次第に溶けて行き…やがては星に大きな海を作りました。

「止めてぇ!ガイア兄さぁ~~~ん!!」

 ガルガウスも大粒の涙をぽろぽろと零しながら、ガイアへ向けて雷を吐きます。
 すると、アクエアが作り出した海に落ちた雷は小さな魚に変わりました。
 何度も何度も雷を吐き続けるガルガウス…彼の涙と共に雷が落ちる度に、ネズミ・ウシ・トラ…様々な生き物が生まれて行きます。
 そうしてガルガウスも力尽きる頃…最後に人間の男女が生まれたのです。
 とうとうガイアは完全に星になってしまっていました…力尽きたガルガウスとアクエアもいつの間にかガイアの周りを回る月となっていました。
 ようやく遠のいていた意識を取り戻したタキオンが、その光景を見て大きく唸ります。

「おおぉ…なんてコトじゃ…ワシに力が残っていれば…こんな事にはなりはせんかったのに…こんな辺境の地では暗く寂しかろう。せめてお前たちをいつまでも温かく見守ってやれれば…」

 そう言ってぼろぼろの羽を再び輝かせ…タキオンもくるくると回り始めました。
 やがてタキオンは…そう、ガイア達を照らす…大きな太陽となったのです。
 太陽となったタキオンは、ずうっと…今でもガイア・アクエア・ガルガウス達を温かく見守り続けています。
 私達が住んでいるこの星は…こうして出来たのです。
 そして私達が使っている魔法…特に強力な魔法は、タキオン・ガイア・アクエア・ガルガウス…いずれかの加護を受けているからこそ使えるのです。
 私達ダークエルフ族が使う【雷】の魔法はガルガウスから…特に別名《ガルガウスの涙》と言われる【ダークリバーベレイト】と共に使えば、より一層の魔力を生む事でしょう。
 そうして私達のご先祖様を生んでくれたガルガウスへ、感謝の意をこめて…「エゥ・ヌヴァロム・キィ・エンヴュエルヴ・エルシエラ」…それじゃあ、おやすみ…良い夢を…


←【お伽噺編】とうとう終わっちゃいました^^;
まだ1話分のストックも作れていません…さぁ、どうしましょう?どばーっ (┬┬_┬┬)
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:2 | トラックバック:0 |

はみぱんTwo ~044~

「なんだって?どういう事!?」

 末っ子で小柄とは言え、魔女よりもはるかに大きいガルガウスが魔女へと詰め寄ります。

「ちょ、ちょっと待っておくれ…踏み潰されちまうよ、まったく…」

 魔女は、ガルガウスには本当の事を伝えました。
 するとガルガウスはわなわなと身体を震わせて魔女をにらみつけます。

「おっと!…あんたの吐く雷じゃ、私の杖すら焦がすことなんてできないよ。それより早く…」

 ガルガウスは我慢できない怒りを、ありったけ魔力に込めて雷を吐きました。

「ガアァルルルルゥゥ~~~~!!」

(ビカッ!)

「ぎゃあぁ~~~!!ガル坊やの魔力がこれ程とは…怒りのせいか…それとも成長?…こ、これだから子供ってのは…」

 苦しみながら黒焦げになって行く魔女を見届けもせず、ガルガウスは洞窟から飛び出すと、ぽろぽろと大粒の涙を流しながら、一目散にフォーマルハウトを目指しました。
 その姿は、正に【いかずち】…雷鳴を轟かせながら天に昇って行く一筋の光…老竜タキオンもそれに気付きます。

「あれはガルガウス…しかもあの方向は!?」

 慌てて飛び立つタキオンでしたが、光の速さで飛ぶガルガウスには離されないのがやっとで、追いつく事が出来ません。

「歳は取りたくないものじゃ…ガルよ!そっちへ行ってはいかーん!」

 しかし夢中で飛ぶガルガウスには、タキオンの声は届きませんでした。
 一方ようやくフォーマルハウトを抜けたガイアとアクエアは…

「アクエアよ…ガルはいたか?」

「見当たらないよ、兄さん。…まさかもうブラック…」

 そう言いかけたアクエアを、ガイアが遮ります。

「バカを言うな!そんなわけない…きっと近くで迷子になっているんだ…諦める前に探せ!」

「うん…けど兄さんもブラックホールには気をつけて。あれは全てを…光さえも吸い込んでしまうから、目には見えな…」

 辺りを見回しながら飛び回るガイア…アクエアの言葉が途切れたのに気付き、振り返るとアクエアがもがいているのが目に入りました。

「どうしたアクエア?…まさか!?」

「兄さん!こっちへ来ちゃだめだ!どうやらブラックホールはここにあったらしい」

 アクエアは意に反してどんどんとガイアから遠ざかって行きます。
 ガイアは戸惑う事もせず、アクエアへまっすぐに向かいました。

「だめだってば兄さん!僕や兄さんのスピードじゃ、もうここからは脱出できないんだってば!」

「だからって弟が消えて行く様を、黙って見ているわけには行かないだろう!」

 やがてガイアは二本の足でアクエアの肩を掴み、共にブラックホールの外へ向かい羽ばたきます。

「っぐうぅ~~~!」

「はぁ…はぁ…兄さん、僕…もう羽ばたけない…疲れたよ…」

 それまでも全速力でここまで飛んで来ていたアクエアは、とうに疲れ果てていたのです。
 彼が羽ばたいていた翼を閉じると、ガイアと一緒にブラックホールへと吸い込まれて行きました。

「ごめん…兄さんまで巻き込んじゃって…けど、もう疲れて…身体が動かないんだ…」

「何を言う…それもまた運命だ…心残りはガルの事だが…」

 二体の竜は、絡み合うようにブラックホールへ向けてどんどんと小さくなって行きます。

(がしっ!)

 突然ガイアの肩に衝撃が走りました。
 驚いて見上げたそこには、汗だくになってブラックホールの外へと羽ばたくガルガウスが見えます。

「ガル!?」

「ガイア兄さん、急いでアクエア兄さんを掴んで!」

 慌ててアクエアを捕まえるガイア…既にアクエアの意識は遠のいていましたが、ガイアとガルガウスは最後の力を振り絞って力強く羽を震わせました。

「【諦めたら終わり】【出来ないと思ったら、何も出来ない】…いつもそう言ってたのは、ガイア兄さん…あなたじゃないか!」

「そ、そうだったな…ガルよ。この翼がちぎれるまであがいてみるとしよう」

 ガルガウスの飛翔能力は兄弟の中でも群を抜いていましたが、ガイアの巨体と意識のないアクエアを引っ張っているので、やがて3体の竜は少しずつブラックホールへと吸い込まれて行きます。

「ガル!やはり無理だ。何も全員でブラックホールの餌食となる必要はない。お前だけならまだ助かるだろう…さあ、行け!」

「やだよっ!…何を言ってるのガイア兄さん。みんなで帰るんだよ!諦めちゃだめだって言ってるじゃないか!」

 しかしガイアは、何とかガルガウスだけでも助けようと、首を回すと自分の肩をしっかりと掴んでいるガルガウスの足を目がけて噛みつきました。

痛っ!…ガイア兄さん!止めてよっ…そんな事しても絶対にこの足は離さないからっ!」

「ガル…しかし、このままでは…せめてお前だけは…っ!?」

(ドムッ!)


←いよいよ【お伽噺編】クライマックス(ノ゜⊿゜)ノ
…お伽噺編もあと1話、ストックもあと1話…さぁ、どうするrum!?( ┰_┰)

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:3 | トラックバック:0 |

はみぱんTwo ~043~

 声の主は魔女…昔、国から追放された事を根に持ち、時々復讐の為に悪だくみをしていましたが、ことごとく竜達に妨害されていたので、いつか竜達にも復讐をと考えていたのです。

「竜達はみな強く手強いが…とりわけ大きく力強い《ガイア》さえなんとか出来れば、後はまともにやりあっても何とかなるんじゃが…そうだ!」

 魔女はポンと手を叩くと、【その日】を待つ事にしました。

     ・
     ・
     ・

 それからしばらく経ったある日、ガイアが昼寝をしているところへ魔女が近づいてきます。
 それに気付いたガイアは、首をもたげ…は虫類のような眼光で魔女を威嚇しながら言いました。

「それ以上近づくな、魔女よ!お前と関わりあって、良い事があった事など一度もない。…また何か悪だくみでも思いついたのだろう!?」

「キヒヒ…あんたにゃ何もしないよ。…ところでガルの坊やが見えないみたいだけど、どこへ行ったのかねぇ…」

 魔女はしわくちゃな顔をこれ以上はないと言う程ゆがめて、いやらしい含み笑いで言います。

「ガルガウス!?…さぁな、またどこかに隠れて俺達をおどかそうとでも思っているんだろう…あいつの隠れる場所はそう何ヶ所もないから、すぐに見つかるさ」

「キィ~ヒッヒッヒ!…確かにさっきまではかくれんぼをしていたみたいだけど、私が『本当は南のひとつ星の向こうには、若返りに効く薬の採れる花の咲く星があるんだよ』と言ったら、じじいの名を叫びながらすっ飛んで行ったぞ?」

「なんだと!?貴様、何と言う事を…」

 ガイアは地響きを立て立ち上がると魔女へ向き直り、口から炎の球を吐き出しました。

「おぉっとっと!…私にちょっかいを出している暇なんてあるのかねぇ?早く行かないとガル坊やが真っ暗なブラックホールに吸い込まれないかい?まあ、あんたのスピードじゃあ、もう間に合わないかも知れないけどねぇ…」

「くそっ!…戻ったら覚えていろよ?」

 ガイアは吐き捨てる様に唸ると、辺りが真っ暗になる程翼を大きく広げ、南のひとつ星へ向かい飛び立ちました。
 魔女はガイアが見えなくなるまで、その場所で大きな声で笑っていました。

「魔女め、大事な弟に何かあったらただじゃ済まさないぞ…」

 そう呟きながらガイアは自分でも今まで出した事のないようなスピードでフォーマルハウトを目指します。

「兄さん!何をそんなに急いでいるの!?」

 途中で、別の星から帰るところだったアクエアがガイアを呼び止めました。

「すまん、止まって事情を話している暇はない!ガルガウスが南のひとつ星の向こうへ行ったようだ」

「なんだって!?」

 驚いたアクエアもガイアに続きフォーマルハウトへと鼻先を向けて、千切れんばかりに翼を震わせます。

「間に合ってくれ!」

 その頃、魔女は洞窟の中で眠る竜の近くに立っていました。

「キヒヒ…こうも簡単に行くとはねぇ。…さて、ガル坊やを起こしてやるのは明日にするかね…坊やの早さならまだ奴らに追いついてしまいそうだしね…」

 そうです、ガルガウスは誘い込まれた洞窟の中で魔女に魔法をかけられて眠らされていたのです。
 そうとは知らないガイアとアクエアは、一晩中かけてフォーマルハウトへと飛び続けます…


「おはよう、ガル坊や…お目覚めかい?キ~ヒッヒ」

「あれ?ここは…」

 翌朝、やっと目を覚ましたガルガウスが顔を上げると、魔女が目に入りました。

「よく寝たねぇ…ガイア兄さんは今頃ブラックホールの中かもしれないってのに…キヒヒヒ」


←童話ってやっぱり難しい><
時間があるなら、もっとよく練り直して最初から書きなおしたいです (┬┬_┬┬)
このパートの目標としては【この部分だけで一つの童話として成り立つ】事だったのですが、ただのアナザーストーリーになってしまってますねぇ|出口| λ............トボトボ

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:1 | トラックバック:0 |

はみぱんTwo ~042~

むかしむかし…それは、ずぅ~っとむかしのはなしです。

あるところに3匹の竜の兄弟が住む星がありました。
その星にも沢山の人間が住んでおり、もちろん魔法もすごく発達しています。
中には悪い魔法を研究して国を追放された魔女が一人いましたが、竜達とも棲み分けをし、うまく3つの力がバランスを取って平和に暮らしていました。

竜達は基本的に人を襲う事はせず、国から離れた山裾に住んでいます。
長男は《ガイア》と言い、巨大な竜達の中でもとりわけ大きな身体をした、【大地】を司る竜で、大人しい二男は《アクエア》と言い、【水】を司る竜でした。
末っ子の《ガルガウス》はおじいちゃん子で悪戯好き…そしてちょっぴり泣き虫の【雷】を司る竜でした。
若い3匹の竜達はとても仲が良く…また、元気もいっぱいで、自分達の住む星だけでは飽き足らずに別の星まで競争したりして、毎日元気に遊んで暮らしていました。
竜達は成長するにつれて、どんどん遠くまで飛べるようになり…ある日、心配をした老竜《タキオン》が兄弟を集めて注意をします。

「おじいちゃん、こんな時間にみんなを集めて…どうしたの?」

 ガルガウスは、長い首で満天の星空を見上げながら言いました。

「お前達…元気に星々を駆け回るのは良いが、あの星【フォーマルハウト】より先へ行ってはいけないよ?」

 老竜が南に淋しそうにぽつんと光るひとつ星へ目を向けて言います。

「いつも一人ぼっちで寂しそうな星だね…けど、どうして?」

末っ子のガルガウスが興味深げに聞き返します。

「うむ…あの星の先には…【何もない】んじゃよ…【何も】な?」

「何もないなら行ってもいいんじゃない?危険な事もないんでしょう?」

長男のガイアが首をかしげます。

「いや、とっても危険なんじゃ。フォーマルハウトの後ろにはブラックホールがあり、反対からはフォーマルハウトが見えなくなってしまうのじゃよ。あの辺りには、それ以外の星は全くないからの…」

「そうか…」

冷静なアクエアは、おじいさんの言葉の意味がわかったようでした。

「勿論ブラックホール自体も危険じゃ。【光さえも引き込んでしまう重力】…今はもう老いぼれて先の短いわしじゃが、若い頃…光を追い越して飛べた頃のわしですら抜け出せるかどうか…ガルガウスよ、お前もいくら早く飛べるとはいえ光の早さを超える事は出来んじゃろう?」

「や…やってみなきゃ分からないよ!」

 思わず虚勢を張るガルガウスでしたが、理解はしていたのか既に少し涙目になっています。

「だが、ブラックホールより怖いのはその先なんじゃ。お前達、宇宙から帰ってくる時にはどうやって戻って来ておる?」

「飛んで来る!」

 うって変わって元気良く答えたガルガウスでしたが、その言葉を遮る様にアクエアが答えます。

「僕達の住む星や、周りの目立つ星を覚えていて…それを目印に帰ってきます」

「うむ…」

 おじいさんはアクエアの答えを待っていたかのように、話を続けます。

「もう一度言うぞ?フォーマルハウトの先には何もないんじゃ…何も…つまり、帰ってくるための目印がひとつもないんじゃよ」

「けど、また星が見えるようになるまで飛べばいいだけじゃん!」

 ガルガウスがなおも食い下がります。

「そうかな?…何も目印がないないと言う事は、自分がどれだけの早さで飛んでいるのかもわからないのじゃよ?」

「そうか…僕達は目印を見つけてそこへ向かって飛ぶ…目標が近づいてくる速さで自分がどれくらいの速さで飛んでいるのかがわかるんだ」

 独り言のように呟いたアクエアは、自分の考えに身震いをした。

「どうやらアクエアは理解できたようじゃな…目印も無く風も受けない【何もないところ】では、いくらもがこうとも【自分がどの方向にどれだけの速さで動いているのか】を測る術はないんじゃ…いいか?絶対にフォーマルハウトの先へ行ってはいけないよ?」

「はい」

「はぁい」

「う…うん」

 一番若いガルガウスだけは、もうひとつ納得がいっていなかったようですが、3匹の竜はとりあえず老竜に返事をしました。

「キヒヒ…これは良い事を聞いた」

 竜の兄弟から少し離れた物陰から、小さな笑い声がします。


←さて、見切り発車で始まってしまった【お伽噺編】ですが、お話っぽくなくて…ちょっと難しい話になっちゃいましたかねぇ^^;
けど、最近の絵本って【○○ちゃんが怪我をして、フィブリンがどうの…】なんて、大人でも「それって何だっけ?」みたいなお話が多いですね^^;
そう言った意味では(どういった意味?)、ここ数回にわたる予定のお話は【多少難しい話】も含まれる割に【大前提部分で目をつぶって欲しい所】などもあったりして…^^;

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。