空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

はみぱんTwo ~041~

「ラム、そんなに窓を開け放して…また《ガルガウスの月》を眺めていたのかい?」

 城の窓から身を乗り出して月を見上げていた幼い少女が、父親の呼びかけにぴくりと反応し、ぴょんと窓から飛び降りる。

「あ、パパ…だって、もしかしたらガルガウスが竜に戻ってるかも知れないと思って…」

「ははは…ラムは本当にあのお話が気に入っているようだね。あれは童話であると同時に、ダークエルフ族が信仰する【魔力の源】のお話でもあるのだから…とても良い事だけど」

 ラムと呼ばれた、10歳にも満たないであろう少女は、黄金色の髪をぱさりと揺らし、首を少し傾けた。

「ラム、難しい事は良く分からないけど、あの竜のお話は好き!ねぇパパぁ、今日もしてくれる?」

「よし、じゃあベッドへ行きなさい。…ただ、その前に少し別のお話があるんだ…」

 喜び勇んでベッドへと滑り込んだラムだが、父の最後のセリフを聞くと急に顔色を変えて、かぶった布団から潤んだ瞳を覗かせ…エルフ族特有の、本来ぴんと尖った耳もしょんぼりと垂れている。

「また…お小言?」

「『また』と言いたいのはこっちだよ、ラム…」

 両掌を天へ向け、やれやれといった表情で肩をすくめて見せる父…ゆっくりとベッドの脇に腰掛けると、ラムの瞳を覗き込みながら口を開く。

「今日、ディタと遊んだね?…その時に、彼を川に突き落としたってのは本当かい?」

「突き落としてなんかいないよ!ディタが『大人になったら闇騎士団(ダークナイツ)に志願して、ラムを守れるように強くなる』って言ったのに、泳ぎは苦手なんて言うから…」

 そこでラムは黙り込んだ。

「…橋の上から突き落とした?」

「!!…う…うぅん…ビクビクしてて飛び込むきっかけがなさそうだったから、『ちょん』って…ちょっとだけ押し…た…かな?」

 父は優しい目をラムへ向けながらも、しかし彼女から視線を外さない。

「ぁ…ぅぅ…ごめんなさい」

「その『ごめんなさい』が【私の怒った顔ではなく、ディタに向けられたもの】なら、それで良い…しかし彼とは仲良く遊んでいる姿をちょくちょく見かけるが、時々こういう事があるね?…今はラムの事を好いてくれているみたいだけど、いじめてばかりいると嫌われちゃうぞ?」

 そういって父はラムの額を人差指で軽く小突く。

「い…いじめてなんかないモン!ディタは私の為に強くなりたいって言うから、それを手伝って…」

「いいかい、ラム。【いじめ】というのは、【した】方ではなく【された】方が『いじめられた』と感じたのなら…それは【いじめ】なんだよ?」

 そう言って父はラムの両頬に手を置き、ぎゅっと寄せる…彼女はまるでタコの様な口でじたばたと暴れる。

「うぅ!…う~う~…」

「ははは…ラムの顔、タコみたいだぞ?」

 クスリと笑うと、父はそっと手を離した。

「どうだった?今のは…いじめ?」

 父の問いにラムは頬を抑えながら少し考えるような表情で…やがて答える。

「ううん…突然でちょっとびっくりしたけど、パパがいつもふざけてやる遊びじゃない。今のは【いじめ】じゃないよ」

「そうだね。けど、今と同じ事を…突然知らない大人にやられたら…どうだろう?」

「ん~…やだ!

 ラムは頬をぷうっと膨らませ、きっぱりと答える。

「ははは…『やだ』か、まぁそうだね。まぁ、ラムも【相手がどう思うか】を、もう少し気をつけて行動しなさい」

「はぁ~い。…けど、パパ?」

「うん?」

「さっきも言ったけど、ディタはラムの為に頑張ってるの。だからもし、ディタが闇騎士団に入った時には、よくしてあげてね?」

 ラムはそう言って、ほんの少し顔を赤らめる…彼女の気持ちを察した父は、やや複雑な表情で小さく頷いた。

「…じゃあ、お話を始めようか…」


←【ラムの過去編】ちょっぴりですが、紹介です^^;
彼女の過去の性格など…上手く表現できているかどうか(;^_^A アセアセ
そして次回からは【お伽噺編】見切り発車です(((p(>o<)q)))いやぁぁぁ!!!
スポンサーサイト

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:4 | トラックバック:0 |

我が子バトン

頂いてからかなり日数が経ってしまいましたが、卯月さんより頂いたバトンをやってみました^^;

その名も【我が子バトン】。
私のせいでお話が一向に進まない【はみぱん】ですが、我が子らの為にも頑張らなきゃ…とは言うものの(´;ェ;`)ウゥ・・・

ま…たまには気分転換させて下さい(;^_^A アセアセ・・・

【我が子バトン】
漫画や小説でオリキャラを持っている方の為のバトンです☆
次の質問のうち『あ~あるある』と思ったものには〇
『それは無いな』と思ったものには×をつけて下さい。コメントもお願いします。

1,オリキャラの名前にこだわりがある。 ○

読んで頂けている方は既にご存知かと思いますが、【はみぱん】内の重要人物はすべてカクテルもしくはお酒にまつわる名前になっています。

また、そのカクテル(またはお酒)の持つイメージをキャラにあてはめたり(あくまで私個人のイメージですが^^;)もしようとしているのですが、全く関係のないものになっていたり…(TT▽TT)

いくつか例を上げると…
a)ジン=ジュニパー・・・ジュニパーは杜松の実という意味で、ジンの特徴的な成分ですね^^
 私がジンベースのカクテルが好きなので、主人公の名前に[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー
b)ラム=バリオン・・・ラム酒の語源とも言われ、「乱痴気騒ぎ」の意
c)メアリー・・・カクテルのブラディ・メアリーが由来ですね。由来とは逆に自分が血まみれになっちゃってますが^^;
d)ランディ・B・ウェイン・・・ブランデーヴェイン(焼いたワイン)が由来。前にも書きましたが、当初の設定ではベルモット探偵事務所の一員のはずでした^^;
e)ブランシェ(ラムの妹)・・・ブランシェは白の意で、ラムがゴールドラムならホワイトラムも必要かな…って(安易なっ!?Σ
 ちなみにラムのパパ&ママの名前は考えていません^^;…とりあえず【バリオンパパ】って感じで^^;

挙げればきりがないですが、説明するとネタバレしてしまいかねないキャラもいるので、このへんで…(*/∇\*)キャ


2,設定が凝っている。 ×

全然凝ってないカモ[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー
今更どうかと始めたキャラ紹介でも、「あれ?本文と髪の色の設定が違ってませんか?」なんてコメを頂いてしまったり、モールエイジさんに頂いたイラストを見て「あ、ジンってブレスしてたんやっけ!?」なんて思い出したり><

あえて言い訳をすれば、【容姿】より【性格や口癖】の方は少し考えて作ってたりは…するのかなぁ^^;


3,オリキャラの容姿や性格が自分の好みだったりする。 ○…かしら?

好み…といえば、そうなのかしら?(;^_^A アセアセ
ただ、私のキャラ創りは、「こんなヤツいたらオモロイかな?」をベースに、思いついたキャラを色々と妄想の中で弄って行って…完成(してるのか!?)させます^^
例えば…「雪女を登場させよう!」と思ったとします。
①普通じゃオモロないよね…
②雪女…雪男…雪オカマ…安易か…( ゜o゜)ハッ雪ネカマは!?
③その後、性格や身体的特徴を…
④雪女は色白で冬山で白い衣装を着て…
【寒がりで常に霜焼けの絶えない雪女】は?
【いっそこんがり日焼けした「ラテン系」の雪女】とか…
【逆に温度に関係なく、ビシっとしたスーツを着た雪女】が冬山でぽつんと立ってたらどうやろ?
【雪ネカマなら、冬山でPCの前から動かない】…メタボ?
⑤という様な妄想から、【はみぱん】の世界観と照らし合わせ…
リドルからディジェネへ逃げ込んだ【雪ネカマ】は、ネット内で女性を装い男を誘う。
誘いに乗って来た男性のPCをフリーズさせてしまう(雪ネカマだからね?

…みたいな感じ?(あれ、即興で作ったけど後で使えるカモ"φ(・ェ・o)~メモメモ


4,コスプレや男装・女装をさせたりして楽しんでいる。 ×

コスプレというか…くノ一なら忍装束とか、お話に沿って必然的に…
Σ(〃゜ o ゜〃) ハッ!!…ルシータとかは、コスになるのかしら?^^;


5,美形キャラしかいない。 △

…ってか、私の場合、あまり容姿に関して詳細な表現はしていないんですよね^^;
読んで頂いた方が、話の内容から「ネイは美形なんやろな」とか「メアリーはどっちかって言うと、ややぽっちゃり?」などと想像して頂ければ…はい、表現力のなさに対する言い訳です><


6,他の人のオリキャラを拝見するのは楽しいと思う。 ○

( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん
楽しいというか、勉強になりますね~^^
私にはない表現力を持った方々が大勢いるので…^^;


7,自分のオリキャラと他の人のオリキャラを共演させたい。 ○

お邪魔した先のお話にのめり込むと、「ウチの子達と遊んで欲しいなぁ」とか思いますね~^^
(世界が違いすぎて無理がある場合も多いですが^^;
以前、筱さんのトコとコラボチックな事をして頂きましたが、可能ならお互いの考えを出しあってSSとかを発表してみたいです[壁]*ノノ) キャ~ ハズカシー

ただ、「メアリーのちょと面白い話を思いついたので、ちょっと貸して!」などがありましたら、言って頂ければ出張させますが((o(^∇^)o))わくわく


8,オリキャラが作中で傷つくと、いたたまれない気持ちになる。 ◎

話の展開上、戦いで傷つくのは仕方ないと思いますが、精神的な痛みに対しては…><
実際、今回【ラムの例のシーン】では泣きながら打鍵してました( ┰_┰) シクシク


9,全てのオリキャラのうち、男女どちらかの人数が圧倒的に多い。 ○

圧倒的に女性が多い気が…(;^_^A アセアセ


10,最後に、オリキャラ=我が子だと思っている。 ○

もちろんです♪
…ただ、リアルに我が子なら、もっと厳しくしちゃってるカモ^^;


11,お疲れ様でした。何人でも構わないので、このバトンを回して下さい☆

私がバトンを受け取るのは大抵お友達の中で最後になってしまっているので、まだやってない方で興味があれば…是非に♪

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 |

はみぱんTwo ~040~

「なんやっちゅうねん、あの店は!…天下の《ダイアナ》も地に落ちたもんやな」

「けど、ベルさん…レストランへ行って店長に食べられそうになるなんて、貴重な体験しましたね…うふ♪

「貴重すぎるわっ!…ってか、そんなんそうそうあってたまるかぃ!!」

 リドルの城下町を過ぎ、街の明かりが背後に消えかかってもなお、ベルは悪態をつき続けている。
一同はジンの魔法で作り出した炎で作った松明を頼りに、事務所へと歩みを進めていた。

「確かにあの店長はどうかと思うよなぁ…そうだ!ラム、さっきの剣…お前でもああいう風に出来るのか?」

 ジンの問いかけに、ラムは腰にぶら下げていた【雷槌】を抜き、自身の目の前にかざす。

「きゃうっ?…どうだろ…小さい頃に勝手に持ち出して、お家を黒焦げにしちゃって…すっごく怒られた記憶はあるけど…今のラムの魔力だと…もしかしたら扱えないかも…」

 ラムはそう言うと、静かに瞳を閉じ…呪文の詠唱に入った。

「エゥ・ヌヴァロム・キィ・エン…バウばう…きゃうん!…舌噛んじゃったぁ…」

「魔力云々以前に、呪文が詠唱できとらんやんかっ!?」

 ラムは痛む舌をぺろっと出して、両手で扇いでいる。

「先程も思ったのですが…その呪文って、昔どこかで聞いたような覚えがあるのですが…」

 メアリーが顎に手を置き、何かを思い出そうとするような仕草で呟く。

「うん、ダークエルフ族に伝わるお話の一節なの。ラムも小さい頃はよく寝る前にお布団で聞かせてもらったなぁ…
けどメアリー、このお話って昔は誰でも知ってたお話らしいけど、今じゃダークエルフ族くらいにしか語り継がれてないってパパから聞いたけど…」

 ラムのセリフに何かを思い出したように軽く頷いたメアリーは、にっこりとラムに笑顔を向けたが、何も答える事はなかった。

「ほぉ…メアリーがエルフ族には到底みえへんし…とすると、お前…死んだ時期が相当前って事なんか?」

 ベルがジンの肩に座ったまま、メアリーに問いかける。

「嫌ですねぇ、ベルさん。レディーに没年齢を聞くなんて、エチケットに反しますよ?…うふ♪

合コンかっちゅうねん!…ってか、普通は没年齢なんか聞かんわっ!!」

 元々彼女の年齢には、さほど興味がなかったのであろう…ベルはぷいとそっぽを向いてしまった。

「…で、ラム。その枕物語ってのは、どんな話だったんだ?」

 自分の肩の上でふてくされているベルを悪戯っぽく指でつつきながら、ジンがラムに問いかける。

「きゃうっ!?…え~とね、え~と…ちゃんと覚えてるかなぁ…」

 突然話を振られたラムは、焦りながら遠い目をして必死にその物語を思い出そうとしている。

「…ま、忘れてたら途中まででもいいじゃん…事務所まではまだ歩かなきゃだし、よかったら聞かせてくれるか?」

「う…うん。じゃ、お話するね?え~と…」

 月夜に歩みを進める一同…皆一様に、空に浮かぶ2つの月を眺めながら、静かにラムの話に耳を傾ける。

「むかしむかし…それは、ずぅ~っとむかしのおはなしです・・・」

 ラムの話と共に、場面は回想シーンへと移行する…


←やっと更新が出来ました(;^_^A アセアセ・・・
これからも、ゆっくりになってしまうと思いますが、必ず完結はさせようと思っていますので…応援願います^^;

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:3 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。