空想【はみぱん】小説(o^-')b

ファンタジー(?)小説をゆっくりまったりアップして行く予定です(;^_^A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

著者動画!?

なみなみさんの所でやっていた著者近影的なモノを真似させて頂きました(;^_^A アセアセ・・・

なみなみさんも>今度、ぜひ載せてください。
…との事だったので、思い切って(随分時間がかかってしまいましたが)…とはいえ、アップのし方が…これで大丈夫かしら?((o(б_б;)o))ドキドキ

そうそう!音が出ますので、ご注意願いますね<(_ _)>



【ともだちコレクション】で作った、自画像でしたぁ…o(*^▽^*)oあはっ♪
ぁ…石を投げないで下さい(´;ェ;`)ウゥ・・・
ケド…家族には「めっさ似とる!」と好評(?)なので…^^;

注)歌詞に関しては、特に意味はありませんので、華麗なスルーを期待します(*ノノ)キャ

TOPへ戻る

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

つぶやき | コメント:6 | トラックバック:0 |

バトンなど♪

こちらは、主にお友達の皆さんから頂いたバトン倉庫になります


大抵は【自キャラ操作】の練習に使っている為、こちらを本編より先に読んでしまうと、ネタバレしてしまう恐れがあります(;^_^A アセアセ・・・
ただ、バトンに回答して行くだけなので、ストーリーを気にすることなく【笑い】に特化出来るので、本編よりも面白い場合もあるかもしれません(´;ェ;`)ウゥ・・・

※バトンを回して頂く事は「あ…お友達と思われてるのかなっ?」と感じ、とてつもなく嬉しいのですが、【複数人数に回す】とか【作者自身について書かねばならないもの】についてはするぅスル可能性が大なので、予めご了承願います<(_ _)>

小説書きに100の質問 : こちらはバトンではありませんが、私などと最初にお友達になってくれた【竜崎さん】の所で見つけたものです。小説書きの方は、自己紹介にもなるかと思いますので、やってみては…?
見たら強制バトンΣ : こちらが初めてやってみたバトンです(全然答えられてません><
バトンて強制多いスね>< : 結構スタンダードな内容かしら?(解答はボロボロですが^^;
キャラバトン : この辺りから「バトンってキャラ操作の練習になるやん」と気付きました^^;
ストーリーバトン : 「世界を救っちゃうよ!?ストーリーバトン」らしいです^^
創作作品暴露バトン : 個人的には懐かしくて…...( = =) トオイメ
送り主をどう思うかバトン : 師匠の筱さんを勝手な妄想で…^^;
我が子バトン : 自キャラを持つ方へのバトンです♪

TOPへ戻る

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん登場人物紹介④

★ラム・バリオン(通称=ラム)
RUM_PEKO
種族:合成獣(キメラ)
年齢:18歳(と、本人は言い張ってますが^^;
身長:152㎝
体重:36㎏
頭髪:ゴールド(フサフサで気持ちが良い♪
瞳 :ブラウン
装備:無し(ディジェネへ行く際は、何故か制服を着る事が多い
魔法:唯一ヒーリング(回復魔法)が使える
性格:人懐っこく、特にジンを気に入っている

その他:
・本来【ダークエルフ族《バリオン家》のお譲さま】だったが、リドルランドの魔女《ミスティー》によって、ゴールデンレトリバーとの合成獣にされてしまった
・合成獣化する前は、かなりの魔力を持つバリオン家の女王候補として両親に期待されていたようであるが、合成獣化後は両親に見放され、ベル達の所で元へ戻る方法を探してもらっている
・ベルの魔法【獣化(ガルフォーゼ)】により、獣部分を強く顕現させた姿へ変身が可能(満月の夜には、その効果は最大になる
・食欲に関してはまさに底が知れず、放っておけば常に何かしらを食べている程><
・ベルモット探偵事務所内では《シェリー》と仲が良いようである

本人から一言:
ラム「くぅ~ん…メアリー、帰っちゃった…」
淋しそうな表情で部屋の中を見回すラム…するといつの間にかテーブルの上に沢山のお菓子が置いてあるのを見つける。
ラム「きゃうっ!?…美味しそう♪」
美味しそう…そのセリフを言い終えた時には既にお菓子の袋を開封し、手当たり次第口へ放り込んでいた。
(かちゃ…)
そこへドアが開き【??】が入って来る。
??「あ!ごめん…まだラムの番、終わってなかったんだ」
ラム「もぐもが…【??】!一緒にお菓子食べようよ♪…ほら」
部屋へ入って来た【??】を見つけると、珍しくお菓子を分けようとするラム。
??「ボク…今はお腹すいてないから、ラムが全部食べていいよ?」
ラム「そう?…じゃ、折角だから何かゲームでもしながら時間を潰そっ♪」
??「時間を潰すって…自己紹介しなくて良いのかなぁ…」
ラムはお菓子を頬張りながら再び辺りを物色すると【uno】を見つけ、不器用そうな手でカードを
切り、二人分のカードを配る。
ラム「はい、赤のスキップね?…あ、またラムか…じゃあリバース♪」
??「ぅん…じゃあ、赤のドロートゥー…」
ラム「きゃうぅん!?…ドローツーなんて持ってないよぉ」
??「ラム…あのね?…」
ラム「くぅ~ん…なに?」
??「二人でunoは…ないよね?」

※上記【?】は【はみぱん】内の登場人物です。【?】が誰だが当ててみて下さい(今回は若干難しいですか?^^;

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん登場人物紹介③

★メアリー(通称=ブラディ・メアリー)
種族:幽霊
年齢:「幽霊に歳を聞く意味ってあります?…うふ♪」(本人談)
身長:160㎝(身長を測るバーがすり抜けちゃうので、大体ですが^^;
体重:測ろうと思ったらすうっと消えちゃうので、測定不能でした><
頭髪:セミロングをツインテールにしている…色は明るい茶色
瞳 :濃いブラウン
装備:巨乳を更に強調するようなゴスロリチックなメイド服


その他:
・レンズの小さな縁なし眼鏡を着用
・実戦メイド道・免許皆伝(なんじゃそりゃ^^;
・役に立たない知識は豊富
・リドルランドのとある洋館(当時は既に廃墟)を捜査の為立ち寄ったジンを気に入り、ベルモット探偵事務所へ押しかけた
・根っからのボケ体質・ドジっ娘

本人から一言:
メアリー「あらぁ?…ベルさんはもういなくなっちゃったんですねぇ…うふ♪
 無機質な空間で、辺りを見回しながら呟くメアリー。
メ「どうしたら良いのでしょう…あ、そうそう!自己紹介の様なものをするようにとか、言われていたんでしたっけ…」
 そう言いつつ、手にしたバスケットからお手製のホットドッグを取り出すメアリー。
メ「それよりまずは腹ごしらえですね?…うふ♪
??「ぱくっ!」
 手にしていたはずのホットドッグが一瞬で犬の顔に変わる。
メ「きゃっ?あぁ、??さんでしたか…欲しいなら差し上げますけど、私の腕ごと食べるのはどうかと思いますよ?
ほら…ウィンナーに乗っているのがケチャップなのか私の血なのか分からなくなってますから…と言いますか、ちょっと痛いですよ?」
?「くぅん…ごめん」
 メアリーから口を離した??が、【おすわり】の状態で項垂れる。
メ「分かって頂けたのならいいですよ…さ、どうぞ♪」
 そう言って血まみれになった腕で先程と同じホットドックを差し出すメアリー。
?「ぱくっ!」
メ「きゃっ!?」
 条件反射的に再びメアリーの腕ごとホットドッグにかじりつく【?】…以下、半永久的に続く…

※上記【?】は【はみぱん】内の登場人物です。【?】が誰だが当ててみて下さい(はみぱんで一番のくいしんぼは誰だ!?

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん登場人物紹介②

★ベルモット(通称=ベル)
筱さん作【ベルモット】←お友達の筱さんが描いてくれたベルです♪
種族:妖精(但し、エボルでは見られない種族)
年齢:彼女も記憶を無くしているため不詳だが、意外と…^^;
身長:29.3㎝
体重:測ろうと思ったら羽をぱたぱたさせるので、測定不能でした><
頭髪:癖っ毛のセミロング
装備:眠りの粉・+1ハリセン(魔力を封じ込めた物。主にツッコミ用)
魔法:攻撃補助魔法等を少々扱う

その他:
・背中にトンボの様な羽を生やしている
・ジンと二人で《ベルモット探偵事務所》を立ち上げた
・何故か喋るのは大阪弁
・お金に目がないが、情に厚いところも…

本人から一言:
ベル「ウチはここで何をせなあかんのか分かっとるから、誰も手伝わんでええで?」
??「・・・」
ベ「ん?…何や、部屋が少し涼しくなってへんか?…空調のせいやなさそうやし…ま、まさか!?」
????「…うふ♪
今まで誰もいなかったベルの眼前に、フェードインするように【?】が現れる。
べ「ぎゃあああぁぁぁっ!?…よりによって、一番要らん奴が出てきおった!」
?「何かお呼び出しがかかって、廊下で待っているように言われたんですが、ヒマなんで出てきちゃいましたぁ♪」
べ「いらんわぁっ!お前の出番はまだ先やろっ!!」
(ばしぃっ!)
ベルの【+1ハリセン】が【?】の眉間に炸裂する…彼女の眼鏡は弾け飛び、額からどくどく血を流した。
?「痛いですぅ…」
べ「お前がおると、かえって話が進まんわ!もう勝手に話させてもらうで?
 そもそもウチとジンは【異空間ゲート】がディジェネ(地球)と繋がった直後に、その近くで記憶を無くして途方に暮れてたんや…まあ、ジンは気絶したままで、ウチが助けてやったようなモンやけどな?
 当初、ジンは落ち込んだり騒いだり…色々大変やったが、ウチは違ったで!?
 ゲートが繋がって、リドルのモンスター達がディジェネになだれ込んどるのを見て…『これや!』思って、ジンと速攻で《ベルモット探偵事務所》を開き、モンスター退治や…異空間戦争が落ち着いてからもディジェネから来る役人の護衛をしたり…あの頃は結構儲かったんやけどなぁ…」
 ベルが遠い目で過去を思い起こしている。
 その視線の先に、【?】が再びすぅっと姿を現した。
?「…うふ♪」
べ「ぎゃぁっ!?…だから、そんなんすなって言うとるやろぉっ!!」
(ずばしぃっ!)

※上記【?】は【はみぱん】内の登場人物です。【?】が誰だが当ててみて下さい(本編をお読みの方はすぐにお分かりですね?…うふ♪

戻る

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん 登場人物紹介①

★ジン・ジュニパー(通称=ジン)
種族:人間(記憶喪失の為不確定だが、おそらくエボル側)
年齢:不詳だが16~7歳に見える
身長:176㎝
体重:71.5㎏
体格:剣も扱うため多少は引き締まっているが、飛びぬけてマッチョではない
頭髪:やや赤髪。(あまり頭髪を気にしていないのか、少々長めでボサボサ
装備:基本的に【いかにも】という装備はしていないが、大剣を背中に背負っている
魔法:初級程度の炎系攻撃魔法を扱う

その他:
・ベルモット探偵事務所内で唯一の男性(羨ましい><
・ベルと出会う以前の記憶を無くしている

本人から一言:
ジン「え?…なになに?いきなりこんなところに連れて来て、俺にどうしろって言うの?」
??「あぁ、なんや自己紹介しろ言うてたで?」
ジ「そんなコトいきなり言われても…え~と、ジン・ジュニパー…身長は178㎝…」
?「それは上で既に紹介済みや!…ってか、今少し身長サバ読んだやろ!?」
ジ「いいじゃん、ちょっと位…(いじいじ)」
?「お前はホンマ…イジケやなぁ…別人格の方は魔力も性格もめっさ…おっと、ネタバレするトコやった!」
ジン自身は部屋の隅で床に【の】の字を書いており、聞いていないようだった。
?「まぁ、ウチもお前も【記憶を無くした者】同士、仕事をしながら【記憶の断片】を少しずつ探して行こうや。
 勿論、ラムの姿を元に戻すのも…頑張らなあかんしな?」
ぱたぱたと羽をはばたかせ、部屋の隅でしゃがみ込んでいるジンの肩に降り立った【?】は、彼の頭をぽんぽんと叩き頷いていた…

※上記【?】は【はみぱん】内の登場人物です。【?】が誰だが当ててみて下さい(本編をお読みの方はすぐにお分かりでしょうが…^^;

戻る

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん 登場人物紹介 ~もくじ~

こちらは【はみぱん】に登場する主要キャラ達を紹介しようというコーナーです♪


今さら感が拭えませんが、少しずつ増やして行こうと思っておりますので…こちらも時々チェック頂ければ…(;^_^A
キャラも増やす予定ですが、もしかしたら時々修正入っちゃうカモ?(ちゃんと設定しときや!><

※勿論、こちらを読まずに先に本編を読んで頂いても支障はないはずです^^;

ジン・ジュニパー
ベルモット
ブラディ・メアリー
ラム・バリオン
TOPへ戻る

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱんワールドとご注意

はみぱんワールド:
内容を大雑把に紹介しますと、我々の住む世界と剣と魔法の世界【リドルランド】が異空間ゲートで繋がってから数年後を舞台に、小妖精・幽霊・くノ一とその妹・合成獣・魔法剣士達が繰り広げる【笑い】と【冒険】と…ほんの少し【えっち】なストーリーとなっています。

元々【脳足りん】の作者なものですから、難しい事は到底書けませんので、世界観や登場人物を理解して頂ければ、比較的とっつきやすいかと思います^^;

【笑う】って、とっても素敵な事だと思います(o^-')b
ここ【はみぱん】ワールドで、少しでもくすっと笑って頂き、感想やアドバイスなどを残して行って頂ければ明日の活力になります。
ほんの一言でもかまいません…何か書いて行って下されば嬉しいです(*/∇\*)キャ


ご注意:
多少hな表現がありますので、そのような表現が苦手な方や「ボクにはまだ早いや」と思われる方はご退出願います。

TOPへ戻る

テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん もくじ

こちらから各ストーリーへ飛べます♪


感想などは、過去のお話でもなんでも、どこでもお気軽にどうぞ♪栞代わりにコメして行って頂いても…^^

はみぱん 第1巻 : これを最初に書いたのは10年以上前なんですが、よろしければ^;

はみぱん ショート・ストーリー : ほぼ第2巻のプロローグですが、これだけでも読めるようにはなっているかと思いますので、「ちょっとだけお試し」したい方は是非こちらを^^

はみぱん 第2巻 : 現在、鋭意執筆中のお話です…応援頂ければ、めっさ頑張ります^^

オリジナル ショート・ストーリー : なんか思いついちゃって書いたショート・ストーリーです。


TOPへ戻る


テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん もくじ その他ストーリー

勘違いして書いちゃったショートストーリーです

 こちらは本編執筆中に新作が更新される事はないと思いますΣ(- -ノ)ノ エェ!?

はぐれぐも


前の画面へ戻る  ★  TOPへ戻る


テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

SSっぽいモノ | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん もくじ 第2巻

こちらは現在執筆中の【はみぱん】第2巻となっております^^


いんとろだくしょん
01 ★ 02 ★ 03  04 ★ 05 ★ 06 ★ 07 ★ 08 ★ 09 ★ 10
11 ★ 12 ★ 13 ★ 14 ★ 15 ★ 16 ★ 17 ★ 18 ★ 19 ★ 20
21 ★ 22 ★ 23 ★ 24 ★ 25 ★ 26 ★ 27 ★ 28 ★ 29  30
31 ★ 32 ★ 33 ★ 34 ★ 35 ★ 36 ★ 37 ★ 38 ★ 39 ★ 40
41 ★ 42 ★ 43 ★ 44 ★ 45 ★ 46 ★ 47 ★ 48 ★ 49 ★ 50
51 ★ 52 ★ 53 ★ 54 ★ 55 ★ 56 ★ 5703/31更新【継続中!】


前の画面へ戻る  ★  TOPへ戻る


テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん もくじ 第2巻へのプロローグ

【はみぱん】ショートストーリーです


 まぁ、殆ど第2巻のプロローグですが、これだけでも読めるようにはしてあると思いますので、「長いお話は苦手」という方は、これだけ読んで頂ければある程度【はみぱん】の世界観は体験できるのでは…と思います^^;

01 ★ 02 ★ 03 ★ 04 ★ 05 ★ 06 ★ 07 ★ 08 ★ 09 完結


前の画面へ戻る  ★  TOPへ戻る


テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |

はみぱん もくじ 第1巻

こちらは【はみぱん】第1巻のもくじとなっております。


プロローグ
01 ★ 02 ★ 03 ★ 04 ★ 05 ★ 06 ★ 07 ★ 08 ★ 09 ★ 10 ★
11 ★ 12 ★ 13 ★ 14 ★ 15 ★ 16 ★ 17 ★ 18 ★ 19 ★ 20 
21 ★ 22 ★ 23 ★ 24 ★ 25 ★ 26 ★ 27  28 ★ 29 ★ 30 ★
31 ★ 32 ★ 33 ★ 34 ★ 35 ★ 36  37 ★ 38  39 ★ 40 ★
41 ★ 42 ★ 43 ★ エピローグ  ~第1巻を終えて~


前の画面へ戻る  ★  TOPへ戻る


テーマ:自作連載ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

はみぱん | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。